会員のみなさま

『日本中東学会年報』では、以下の通り、海外の非学会員に英語での論文の投稿を広く呼びかけております。 会員のみなさまにおかれましては、国際シンポジウム、国際ワークショップ、研究会などの場で海外の研究者の方々に本件を是非告知頂ければと思います。

『日本中東学会年報』投稿規程
(1992年 5月制定 2003年 6月改正 2005年 6月改正 2008年 11月改正 2009年 9月改正、2011年 2月改正、2015年 5月改正)

10. 非学会員の投稿
10.1) 以下の条件を満たす非学会員にも投稿を認めます。
a) 国外に在住するか、あるいは外国籍をもつこと。
b) これまで『日本中東学会年報』に論文や研究ノートを発表したことがないこと。
10.2) 投稿原稿の掲載決定後、直ちに掲載料として5000円を日本中東学会に支払っていた だきます。(投稿原稿が不採用となった場合は、この限りではありません。)
10.3) AFMA(Asian Federation of Middle East Studies Associations)構成学会の会員は、上記 10.1)の条件を満たすことなく投稿できます。また、投稿原稿が採用となった場合、9.2)に規定した掲載料を支払う必要はありません。
10.4) 非学会員による投稿は、原則として英語によるものとします。

Guidelines for Contributors
(Established in May 1992, Revised in June 2003, June 2005, November 2008, February 2011, December 2012, May 2015, and October 2016)

10. Manuscript Submissions by Non-Members
10.1) Individuals who are not members of JAMES may also submit manuscripts if the following requirements are met:
a) The author is a resident of a country other than Japan, or is a non-Japanese person
b) The author has not previously published Articles or Research Notes in AJAMES
10.2) Authors must pay a publishing fee of 5,000 JPY to the JAMES as soon as their manuscript is accepted for publication. (No fee will be charged if the manuscript is not accepted for publication.)
10.3) Should their manuscript be accepted for publication, members of associations belonging to the Asian Federation of Middle East Studies Associations (AFMA) may submit manuscripts without meeting the requirements outlined in 10.1, and are exempt from the publishing fee described in 10.2.
10.4) As a rule, manuscripts submitted by non-members should be written in English.

『日本中東学会年報』編集委員会