日本中東学会

年次大会・公開講演会・研究会等

年次大会

第36回年次大会のご案内

2020年度の年次大会は、桜美林大学新宿キャンパスで開催されることになりました。大会の実施要項と研究発表の応募要項が下記のとおり決定しましたので、お知らせいたします。例年どおり、大会の1日目が公開講演と総会、2日目が研究発表(企画セッション含む)になります。どうぞよろしくご参集くださいますよう、お願い申し上げます。

開催日時

2020年5月16日(土)・17日(日)

開催場所

桜美林大学新宿キャンパス (東京都新宿区百人町3丁目23-1)

場所は下記のURLでご確認ください。
https://www.obirin.ac.jp/access/shinjuku/

JR山手線「新大久保」駅から徒歩8分、JR中央・総武線「大久保」駅から徒歩6分

大会プログラム

Web事前参加登録と参加費等

大会参加を希望される会員は、2020年4月10日(金)までに、Web事前参加登録をお願いいたします。

加えて「大会参加費(1,000円)」と、また第1日目(5月16日)の懇親会参加と第2日目(5月17日)の昼食(弁当)をご希望の方は、懇親会費(6,000円、学生会員4,000円)と弁当代(1,000円)の合計金額を、以下の銀行口座へお振り込み下さい。なお、研究発表を予定されている方は、下記のとおり、2020年3月13日(金)までにWeb事前参加登録と「大会参加費(1,000円)」等のお振り込みをお願い致します。
また託児所ご希望の方(子供1人1日3,000円)につきましては、Web登録の上、別途対応致しますので、大会実行委員会事務局(james2020obirin[a]gmail.com, [a]は@に変更する)までご連絡ください。

<振り込み先銀行・口座番号等>
みずほ銀行 玉川学園前支店(普)3007574
名義:日本中東学会第36回年次大会実行委員会
(ニホンチュウトウガッカイダイ36カイネンジタイカイジッコウイインカイ)

銀行口座振り込みの「ご依頼人」の氏名は必ずご本人のお名前でお願いいたします。所属機関の名称などでのお振り込みはご遠慮下さい。
なお、振り込み手数料は同一銀行でATMでのキャッシュカード払い、またはインターネットバンキング、モバイルバンキングであれば、無料です。他銀行からでも多くの場合、キャッシュカードであれば、220円程度です。振り込み手数料は申込者のご負担となります。
大会参加の事前登録と参加費等の事前振り込み以外に、例年通り、当日の参加登録や当日支払いも受け付けますが、その場合は大会参加費2,000円、懇親会費7,000円(学生会員5,000円)となります。弁当の当日申込みはお受けしません。なお、お振り込みいただいた大会参加費、懇親会費、弁当代の払い戻しには応じかねますので、予めご了解下さい。海外在住などの理由で、期日までのお振り込みが難しい方は、大会実行委員会事務局まで必ずご連絡下さい。

研究発表予定者のWeb事前参加登録と参加費等案内および要旨集向けの原稿依頼

個人研究発表と企画セッションでの研究発表を予定されている方は、Webで事前参加登録を行い、上記のとおり、「大会参加費(1,000円)」を、3月13日(金)までに上記の銀行口座にお振り込み下さい。また第1日目(5月16日)の懇親会参加と第2日目(5月17日)の昼食(弁当)をご希望の場合は、懇親会費(6,000円、学生会員4,000円)と弁当代(1,000円)の合計金額を、同じ銀行口座へお振り込み下さい。銀行口座振り込みの「ご依頼人」の氏名は必ずご本人のお名前でお願いいたします。所属機関の名称などでのお振り込みはご遠慮下さい。なお、お振り込みいただいた大会参加費、懇親会費、弁当代の払い戻しには応じかねますので、予めご了解下さい。事前登録がない場合は、個人研究発表と企画セッションでの発表をお断りすることがありますので、ご注意下さい。また海外在住などの理由で、期日までのお振り込みが難しい方は、大会実行委員会事務局まで必ずご連絡下さい。
また要旨集の作成に向けて、既にご連絡しておりましたとおり、研究発表予定者の方は、発表タイトルと要旨(日本語と英語)の原稿提出をフォーマット・サンプルにしたがい、個人研究発表の場合は1人1ページ、企画セッションの場合は1セッション4ページ以内で原稿を作成して頂き、3月6日(金)までに実行委員会事務局宛て(james2020obirin [a]gmail .com)までご提出ください。ご提出して頂いた原稿については、原則としてそのまま要旨集に掲載させて頂きますので、その点、よろしくご留意ください。

非会員の方のご参加について

第1日目の公開講演会は、非会員の方でも無料・事前登録無しでご参加いただけます。第2日目の企画セッションと個人研究発表をご聴講いただくためには、会員同様、大会参加費をお支払いいただきますが、当日の登録のみとなります。当日登録の場合、大会参加費(2,000円)、また懇親会の参加を希望される場合は、懇親会費(7,000円、学生会員5,000円)を頂くことになります。昼食(弁当)の当日受付はございませんので、予めご了承ください。

実行委員会

委員長:
加藤 朗
事務局長:
鷹木恵子
委員:
後藤絵美、近藤信彰、平寛多朗、長澤栄治、細田和江、堀井聡江

研究発表の応募要項は以下のとおりです。研究発表をお考えの方は、どうぞふるってご応募ください。
応募の締め切りは、12月20日(金)とさせていただきます。(募集は締め切りました)

1.研究発表

研究発表を希望される方は、12月20日(金)までに年次大会実行委員会までメールにてご応募ください。(募集は締め切りました)

メールアドレスは、james2020obirin[at]gmail.comです。 [at]は@に読み直して下さい(以下同)。
その際、下記の諸点についてお知らせください。

  1. 氏名:漢字もしくはカタカナ表記
  2. 氏名のローマ字表記
  3. 所属:大学院生の場合はその旨を明記
  4. 連絡先メールアドレス
  5. 発表タイトル(仮題も可)
  6. 発表内容の概要:日本語400字程度/英語200words程度。日本語か英語のいずれかで結構です。
    テーマと内容が明快にわかるように記してください。正式の「要旨」につきましては、実行委員会での採否の決定後、改めて発表予定者に執筆をお願いすることになります。発表の言語は、原則として、日本語か英語のいずれかとします。それ以外の言語での発表をご希望の場合は、実行委員会事務局までご相談ください。
  7. PCとプロジェクター使用希望の有無: PCとプロジェクターについては各会場にご用意いたしますが、必要に応じて発表者各自でノートパソコンや接続用ケーブル等をご自身でご用意下さい。実行委員会としては、会場でのネットへのアクセス環境を準備することはできかねます。
  8. 発表者は日本中東学会年会費(2019年度分)を納入済みであることが条件となっています。その点を確認の上、「納入済み」と記してください。

※応募された方には、年次大会実行委員会から1週間以内に受信確認のメールを差し上げます。受信確認メールが届かない場合は、実行委員会事務局の鷹木宛まで、以下のメールアドレスに必ずご一報ください。
連絡先メールアドレス: james2020obirin[at]gmail.com

2.企画セッション

第36回年次大会では、会員による企画セッションも募集します。特定のテーマに関する企画セッションの開催をご希望の方は、以下の要領でご応募ください。応募締め切りは、研究発表と同じく12月20日(金)です。
一つの企画セッションの持ち時間は、発表・コメント・質疑応答を含め1時間30分とし、発表者は3名程度とします。コメンテーター(討論者)をつけるかどうかは自由ですが、必ず1名の司会者が必要です。企画責任者・発表者・司会者はすべて日本中東学会会員であることとします。また、企画責任者は、発表者・司会者・コメンテーターのいずれかを必ず兼ねることとします。企画責任者が、発表者と司会者あるいは、司会者とコメンテーターの二役を兼ねることもできます。なお、コメンテーターは非会員でも構いません。
企画責任者は、12月20日(金)までに年次大会実行委員会宛てまでメールにてご応募ください。メールアドレスは、james2020obirin[at]gmail.comです。(募集は締め切りました)

その際、下記の諸点についてお知らせください。

  1. 企画責任者氏名:漢字もしくはカナカナ表記とローマ字表記の双方
  2. 企画責任者の所属
  3. 企画責任者の連絡先メールアドレス
  4. 使用言語:原則として、日本語か英語のいずれか。それ以外の言語をご希望の場合は、実行委員会事務局までご相談ください。
  5. 企画セッションのタイトル
  6. 企画セッションの主旨:日本語400字程度/英語200words程度。日本語か英語いずれかで結構です。
  7. 参加者一覧:各参加者氏名の漢字もしくはカタカナ表記とローマ字表記の双方、所属、セッションでの役割。司会とコメンテーターは応募時点では未確定でも構いません。
  8. 各発表者の発表要旨: 6.の企画セッションの主旨と同様の分量・要領
  9. PCとプロジェクター使用希望の有無: PCとプロジェクターについては各会場にご用意いたしますが、必要に応じて発表者各自でノートパソコン、接続用ケーブル、接続用アダプター等をご自身でご用意下さい。実行委員会としては、会場でのネットへのアクセス環境を準備することはできかねます。また調整の都合上、企画内容などについて、実行委員会から問い合わせやご相談をさせていただく場合があります。
  10. 企画責任者は日本中東学会年会費(2019年度分)を納入済みであることが条件となっています。その点を確認の上、「納入済み」と記してください。

※応募された方には、年次大会実行委員会から1週間以内に受信確認のメールを差し上げます。受信確認メールが届かない場合は、実行委員会事務局の堀井宛まで以下のメールアドレス宛に必ずご一報ください。
連絡先メールアドレス: james2020obirin[at]gmail.com

3.託児所

託児所の利用をご希望の方は、実行委員会事務局までお申し出ください。申し込みの締め切りにつきましては、メーリングリストなどで追って通知いたします。

託児所ご希望の方(子供1人1日3,000円)につきましては、Web登録の上、別途対応致します。

4.宿泊について

東京都内の宿は常時混み合っております。年次大会に参加される予定の方は、十分な余裕をもって早めに宿を手配されることをお勧めいたします。
以上、何卒よろしくお願い申し上げます。

連絡先:

日本中東学会第36回年次大会実行委員会事務局
〒194-0294 東京都町田市常盤町3758 桜美林大学リベラルアーツ学群 鷹木恵子研究室
Tel:042-797-9293(鷹木研究室直通)/042-797-1887(堀井研究室直通)
E-mail:james2020obirin[at]gmail.com

可能な限りメールでのご連絡お問い合わせをお願い申し上げます。

事前登録の内容を修正したい場合、再度、新規登録をお願いします。その際、実行委員会への連絡は不要です。