日本中東学会

年次大会・公開講演会・研究会等

研究会・講演会

会員から寄せられた研究会・講演会情報です。

2019年開催情報

《1月》《2月》《3月》《4月》《5月》《6月》
《7月》《8月》《9月》《10月》 | 《11月》 | 《12月》

6月

第6回国際マムルーク会議のご案内
2019年6月15日~17日
「マムルーク朝期の文書史料」に関する集中セミナー
2019年6月12日〜14日

3月

2018年度第38回イラン研究会のお知らせ
2019年3月30日,31日 NEW
AA研基幹研究「中東・イスラーム圏における分極化とその政治・社会・文化的背景」研究会
2019年3月28日
アジア・ムスリム研究会開催のお知らせ
2019年3月23日
第35回人文機構シンポジウム開催のお知らせ
2019年3月23日
上智大学「地中海世界のアジール」研究会
2019年3月22日
現代中東地域研究レクチャーシリーズ特別編開催のお知らせ
2019年3月21日
地理情報から読み解く歴史:イスラーム史におけるGISの活用
2019年3月21日
「イスラーム圏における簿記史料の通時的・共時的研究」2018年度第9回研究会のお知らせ
2019年3月18日
東洋文庫現代イスラーム研究班第6回「近現代の構造変動」セミナー開催のご案内
2019年3月18日
イスラーム地域研究コロキウム「イラン・アヘンと帝国日本の交易ネットワーク」開催のお知らせ
2019年3月18日
イスラエル・パレスチナ人医師の講演会のご案内
2019年3月18日
第17回中央アジア古文書研究セミナーのご案内
2019年3月16日,17日
Deborah G. Tor博士特別講演会のご案内
2019年3月12日,15日
「ビジネスにも役立つ『京大アジア・アフリカ塾』春期講座」のご案内
2019年3月13日
中国ムスリム研究会第35回定例会のご案内
2019年3月10日
AA研アーイーニ・アクバリーシンポジウムThe Sixth Perso-Indica Conference “The Classification of Indic Culture at the Mughal Court: the Ā’īn-i Akbarī”のお知らせ
2019年3月9日,10日
イスラエルのパレスチナ人・ドイツのムスリム等に関するワークショップのお知らせ
2019年3月9日,10日
Workshop the Development and Water in the Western Desert (Egypt)報告者都合により中止(2019年2月16日更新)
2019年3月8日
東文研セミナー「近代以降日本人は『イスラーム美術』品をどう見たか」 のお知らせ
2019年3月8日
公開講演会「アフガニスタン自立への展望:平和と安定に向けた日本の支援の役割」開催のご案内
2019年3月4日

2月

中東の公共空間に関する研究会案内
2019年2月28日
国際シンポジウム『フランス語によるアラブ=ベルベル文学における多声/多言語性(ポリフォニー)』
2019年2月27日,28日
AA研共同研究課題「オスマン文書史料の基礎的研究」研究会
2019年2月27日
アイモン・クレール氏講演会(Lecture by Prof. Aymon Kreil)
2019年2月27日
公開セミナー於京都「中東の妊活事情 家族・医療・イスラームの視点から」
2019年2月24日
イスラーム地域研究・若手研究者の会2月例会
2019年2月23日
公開講演会「イスラーム文明と近代科学」のお知らせ
2019年2月23日
シンポジウム「沙漠への適応と生活世界の形成 ―文理共創的視点から考える現代中東地域研究―」開催のお知らせ
2019年2月22日
イズミルでの国際ワークショップのお知らせ
2019年2月19日
寄進とワクフの比較国際ワークショップ
2019年2月19日
「イスラーム圏における簿記史料の通時的・共時的研究」2018年度第8回研究会のお知らせ
2019年2月18日
オリット・バシュキン氏講演会
2019年2月16日
2018年度第4回 パレスチナ/イスラエル研究会
2019年2月11日
ワークショップ 「装いと規範」のお知らせ
2019年2月9日
中国ムスリム研究会定例会のご案内
2019年2月9日
Post-civil war Lebanon / 内戦後レバノン講演会
2019年2月9日
中東の少数派の思想に関する研究会
2019年2月9日
シンポジウム 「日本のイスラームとクルアーン」の開催
2019年2月9日
AA研共同利用・共同研究課題「イスラーム聖者廟の財産管理に関する史料学的研究:イラン・サファヴィー朝祖廟を事例として」公開研究会のご案内
2019年2月9日
アジアを知る―『この土地にわが墓所がある』―レバノン内戦の記憶と記録のお知らせ
2019年2月8日
シンポジウム「新たな政治経済地図」
2019年2月6日
Workshop "Syrian Civil War"
2019年2月2日
特別講演会「中世ユーラシアのイスラーム都市」のご案内
2019年2月2日

1月

Gökhan Çetinsaya教授 (Istanbul Şehir University)講演会のお知らせ
2019年1月31日
Tomas Wilkoszewski氏研究講演会(1/31・民博)開催のお知らせ
2019年1月31日
フェリックス・アーノルド博士ご講演「Madinat al-Zahra (Córdoba, Spain): Recent discoveries」のお知らせ
2019年1月30日
国際研究集会 "Baghdad, a 1400 year old capital city in West Asia"開催のお知らせ
2019年1月29日
イスラーム地域研究・若手研究者の会1月例会
2019年1月26日
Tomas Wilkoszewski氏研究講演会(1/26・早稲田)開催のお知らせ
2019年1月26日
研究会「植民地期アルジェリアにおけるウラマーとスーフィー教団再考:社会経済的変容と政治文化的思想(Reconsiderer les ‘ulama’ et les confreries religieuses en Algerie a l’epoque coloniale: Les transformations socioeconomiques et les idees politico-culturelles)」のご案内
2019年1月20日
「現代ムスリム社会における風紀・暴力・統治」2019年度第2回研究会
2019年1月19日
第11回オスマン文書セミナーのご案内
2019年1月12日,13日
シンポジウム「「アラブの心臓」に何が起こったのか:現代中東の実像を捉える」のお知らせ
2019年1月12日

6月

第6回国際マムルーク会議のご案内

来たる6月15日(土)~17日(月)に早稲田大学国際会議場にて、第6回国際マムルーク会議(6th Conference of the School of Mamluk Studies)を下記の要領で開催いたします。皆様奮ってご参加ください。(五十嵐大介・早稲田大学)

日時 :
2019年6月15日(土)~17日(月)
場所:
早稲田大学国際会議場(Building No.18 中央図書館に併設)
https://www.waseda.jp/top/access/waseda-campus
使用言語:
英語
主催:
The School of Mamluk Studies, The Middle East Documentation Center at The University of Chicago, 早稲田大学文学部・文学研究科「中東・イスラーム研究コース」、早稲田大学総合人文科学研究センター
参加費:
7,000円 懇親会費6,000円
申込方法:
下記のサイトから参加登録を行ってください。追ってPayPalからemailで請求書が送られてきますので、所定の手続きに従ってお支払いください。
https://goo.gl/forms/n0AiqSihzYNkTun03
申込期限:
2019年4月末日(※当日飛び入りでの参加・支払いには応じかねますのでご注意ください)
問い合わせ先:
sms2019tokyo@gmail.com

暫定プログラムは以下の通りです。詳細が決定しましたら下記の早稲田大学中東・イスラーム研究コースHP上にて改めてご案内いたします。
http://www.waseda.jp/prj-islam/
また、下記のThe School of Mamluk StudiesのHPも併せてご参照ください。
http://mamluk.uchicago.edu/sms-conference.html

Saturday, June 15

Themed papers: The Sacred in Mamluk Society
Dotan Arad (Bar Ilan University) “Moses, Samuel, Elijah and Ezra: The Cult of Biblical Saints among the Jews in the Mamluk Period”
Aida Gasimova (Baku State University) “Mamluk Sultans, Hurufis and Hurufi Poet Nesimi: Portraits from Medieval Arab Sources”
Elise Franssen (Università Ca' Foscari Venice) “Al-Ṣafadī's al-Faḍl al-Munīf fī al-Mawlid al-Sharīf...  according to His Taḏkira”
Hani Hamza (Independent Scholar, Egypt) “The Curious Case of the Unrecognized Turba of Amīr Jirbāsh Qāshiq: New Dating and Attribution”
Yehoshua Frenkel (University of Haifa) “The Sacred in Mamluk Society: A Socio-Historical Investigation”
Asuka Tsuji (Kawamura Gakuen Women's University) “Contesting Sacred Places in Mamluk Egypt: The Case of Lower Egypt”
Eman Shokry Hesham (BTU Cottbus-Sengtenberg) “The Veneration and Beauty of Marble Floors in Mamluk Mosques in Cairo”
Mehdi Berriah (University of Paris 1 - La Sorbonne/SOAS /UMR 8167) “Visiting the Prophet’s Grave: Bidʿa or Not? A Case of Divergence and Theological Debate in the Mamluk Period.”
Richard McGregor (Vanderbilt University) “Relics and Religious Topography of Mamluk Cairo”
Sami L. De Giosa (SOAS University of London) “A Royal Pincer-Thuluth for Medina: Sultan Qaytbay and His Gifts Destined to the Prophet’s Chamber”
Kaori Otsuya (Kyoto University/University of Liège) “Reflections of the Sacred in the Historiography of Medina, City of the Prophet: Ibn Farḥūn and his Naṣīḥat al-Mushāwir”
Daphna Ephrat (The Open University of Israel) “The Shaykh, the Saintly Tomb, and the Sacralization of Space: A View from Mamluk Palestine”
Daniella Talmon-Heller (Ben-Gurion University of the Negev) “Muṣḥaf ʿUthmān and Other Qurʾāns in Mamlūk Syria and Egypt”
Sunday June 16 – Monday, June 17
Panels
Mamluk Scholarship and the Transmission of Knowledge
Chairperson: Elias G. Saba (Grinnell College)
Sean W. Anthony (The Ohio State University), “Before All Things God Most High Created the Light of Your Prophet from His Light”: A Case Study in How to Forge Ḥadīth in the Post-Classical Period”
Youshaa Patel (Lafayette College), “‘Blessed are the Strangers’: Interpreting an Apocalyptic Hadith”
Garrett Davidson (College of Charleston), “Reassessing the Role of Mamluk Women in Hadith Transmission”
Elias G. Saba (Grinnell College), “Islamic Law as Intellectual Refinement in the Writing of Badr al-Dīn al-Zarkashī”
Versatile Approach to the Diplomatic Dialogue: Levels and Strategies of Interchange in the Mamluk Diplomacy
Chairperson: Stephan Conermann (University of Bonn)
Frédéric Bauden (University of Liège), “Brokering Power in Mecca: Rasulid-Mamluk Diplomatic Exchanges about the Meccan Sharifate”
Malika Dekkiche (University of Antwerp), “Like Father Like Son? Timurid Parallel Diplomacy with the Mamluk Sultanate”
Georg Christ (University of Manchester), ““Alexander of Our Time”: Was Venice Part of the Mamluk Islamic Empire?”
Alessandro Rizzo (Milá y Fontanals Institute (CSIC)), “Beyond the Dār al Islām/Dār al-Ḥarb Paradigm: the Multiform Dialogue between Mamluks and Christian Powers through a Diplomatic Approach”
Mobility of Ideas, Individuals and Goods in the Mamluk Period
Chairperson: Stephan Conermann (University of Bonn)
Abdelkader Al Ghouz (University of Bonn), “Signs of Greek Science in Ibn al-Akfānī’s (d. 749/1348) Treatise Irshād al-Qāṣid ilā Asmā al-Maqāṣid“
Bethany Joelle Walker (University of Bonn), “Locally Produced but Regionally Consumed: The Circulation of Household Goods in the Syrian Countryside”
Anna Kollatz (University of Bonn), “Mobility in Immobility: Tracing Travelling Narratives in Ibn Iyās’ Writings”
Mamluk Cairo: Urban Fabric, Building Typology, and Architectural Detail
Chairperson: Takenori Yoshimura (Daito Bunka University)
Nicholas Jon Warner (American University in Cairo), “The Urban Fabric of Mamluk Cairo as Represented in Matteo Pagano’s View of 1549”
Naoko Fukami (Japan Society for the Promotion of Science [JSPS]), “Typologies of Mamluk Religious Architecture and their Relation to Ilkhanid, Timurid, and Ottoman Forms”
Gentaro Yamada (Tokai University), “Computational-Geometrical Study of Mamluk Muqarnas: Comparative Analysis of its Morphology Using 3D-Parametric Models”
Intellectual Activities Across the Regions in the Mamluk Period
Chairperson: Kentaro Sato (Hokkaido University)
Maribel Fierro (Consejo Superior de Investigaciones Científicas [CSIC]), “Maliki Jurists from the Maghrib in the Mamluk Sultanate”
Mayte Penelas (Consejo Superior de Investigaciones Científicas [CSIC]), “Ibn Ḫaldūn’s Kitāb al-ʿIbar as a Source for Mamluk Scholars on Iberian History”
Abdenour Padillo Soaud (Consejo Superior de Investigaciones Científicas [CSIC]), “The Scholars of the Maghrib in the Mamluk Madrasas”
Teruaki Moriyama (Doshisha University), “From Khurasani “Ashab al-Hadith” to Mamlukid Shafi‘i School: Succession to the Classical Hadith Studies”
Irrigation, Landscapes, and Environment: Towards a History of Mamluk Agriculture
Chairperson: Wakako Kumakura (Tokyo University of Foreign Studies)
Yossef Rapoport (Queen Mary University of London), “Water Management, Iqṭāʿ­ and Tribes in the Fayyum, from Fatimids to the Mamluks”
Stuart Borsch (Assumption College) “Water Management and the Late Fatimid Restructuring of Egypt”
Muhammad Shaaban (Queen Mary University of London), “Counting Dirhams, Olives and Wheat: The Relationship Between Urban Institutions and Endowed Agrarian Property in the Haram al-Sharif Documents”
Anthony Quickel (University of Marburg), “A Topography of Taste: Mapping Mamluk Cairo’s Food Markets”
Mamluk Material Culture in Cross-Cultural Perspective
Chairperson: Sami De Giosa (SOAS, University of London)
Nikolaos Vryzidis (British School of Athens), “‘The Egyptians are known for inscribing their drapes, lamps, and vessels’:  Tracing the Mamluk within the Islamic in Late Byzantium”
Seif El-Rashidi (Barakat Trust, Egypt-UK), “Ceremonial Mamluk Tents and Their Interface with the Outside World”
Alison Ohta (Royal Asiatic Society, UK), “How Developments in Ornament on Mamluk Bindings Changed the Look of the Late Medieval Book”
Mamluks and Asia: Views from the East
Chairperson: Nobutaka Nakamachi (Konan University)
Yoichi Isahaya (Japan Society for the Promotion of Science (JSPS)), “Maragha over the Euphrates: The Observatory in Mamluk Sources”
Yihao Qiu (Fudan University), “An Episode of the Conflict between Qaidu and Yuan in Mamluk Chronicle”
Yasuhiro Yokkaichi (Rikkyo University), “From Fārs to Misr: Re-examining the Indian Ocean Trade Network between the Il-khanate and Mamluk Sultanate of Egypt”
Yoichi Yajima (Nara Women’s University), “Diplomatic Correspondence between the Mamluks and the Mongols”
Approaching Mamlūk Historiography: Narratologically, Literarily, Computationally
Chairperson: Kenneth Goudie (Ghent University)
Maxim Romanov (University of Vienna), “Computational Historiography: al-Ḏahabī’s Taʾrīḫ al-islām and His Sources”
Rihab Ben Othmen (Ghent University), “Moving Texts: A Few Remarks on Textual Brokerage, Intertextuality and Authorial Identity in the Fifteenth Century Mamluk Historiography”
Kenneth Goudie (Ghent University), “A Tale of Two Dawādārs: al-Biqāʿī’s Narrative Construction of Īnāl’s Court”
Zacharie Mochtari de Pierrepont (Ghent University), “The Inbāʾ al-Ġumr bi-Abnāʾ al-ʿUmr and Inter-Maḏhab Competition: A Network Analysis Case Study”

「マムルーク朝期の文書史料」に関する集中セミナー

第6回国際マムルーク会議(6th Conference of the School of Mamluk Studies、於早稲田大学国際会議場、2019年6月15~17日)に先立ち、恒例の集中セミナー(Intensive course)が6月12日~14日に開催されます。今回のテーマは「マムルーク朝期の文書史料Mamluk Archival Material」です。以下の条件で募集しますので、どうか奮ってご参加ください。

日時 :
2019年6月12日(火)~14日(木)の午前・午後
場所 :
早稲田大学戸山キャンパス33号館・第10会議室
講師 :
エマード・アブー・ガーズィー(カイロ大学教授・元エジプト文化大臣)
テーマ :
「マムルーク朝期の文書史料Mamluk Archival Material」
定員 :
約10名
参加費 :
3万5千円(国際会議本体の参加費も含む。支払い期日は4月30日)。支払い方法は、2月末に選考結果と共に申込者へ直接お知らせします。
申し込み方法 : sms2019tokyo@gmail.comまで、履歴書、参加動機を記した書面、その研究を良く知る人物による推薦書をお送りください。書式は自由です。
趣旨 :
A three-day intensive course on Mamluk archival material, intended for advanced graduate students and other qualified participants, will be offered by Professor Emad Badr al-Din Abu Ghazi (Cairo University). The course will enable students to develop reading skills in Arabic archival material related to the study of the Mamluk period and provide related contextual knowledge. It will deal with various types of archival material, including waqf-related documents, the Ragusa/Dubrovnik documents, Ottoman land registers (which include Mamluk land records), and diplomatic documents, among others.
使用言語 :
アラビア語
締め切り :
2019年1月30日
詳細は次のHPをご覧ください。
http://mamluk.uchicago.edu/sms-conference.html
主催 :
The School of Mamluk Studies, The Middle East Documentation Center at The University of Chicago, 早稲田大学文学部・文学研究科「中東・イスラーム研究コース」、早稲田大学総合人文科学研究センター

3月

2018年度第38回イラン研究会のお知らせ

今年度のイラン研究会は、下記の通り、東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所で開催いたします。
皆様のご参加をお待ちしております。ご参加いただける方は、 irstudiesjp[at]gmail.comまでご一報いただけると幸いです。

2018年度第38回イラン研究会

会場:
東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所大会議室(303)
(府中市朝日町3-11-1 ) http://www.aa.tufs.ac.jp/ja/about/access
仮プログラム
3 月 30 日(土)
13:00~13:40
春田晴郎「イスラーム以前イラン研究の最近の動向」
13:40~14:20
山本久美子「キアロスタミのポエジー」
14:35~15:25
露崎朔「ミールザー・アサドゥッラーハーン・ガーリブ研究とペルシア文学: 思念Khayālの問題に着目して」
15:25~16:05
木下実紀「ミールザー・ハビーブ・エスファハーニー訳『ハージーバーバーの冒険』に見る翻案手法」
16:05~16:45
中村菜穂「近代イランの民衆詩についての一考察」
17:00~18:00
コンフェッション/近況報告・自己紹介
18:30~20:30
懇親会
3 月 31 日(日)
10:30~11:20
近藤信彰「近世以降のイランにおける口誦文学――ハムザ物語をめぐって」
11:20~12:10
黒田卓「商人エブラーヒーム・サッハーフバーシーの訪日記録(1897年)をめぐって」
12:10~13:10
昼食
13:10~13:40
黒田賢治「再発見/消費される伝統と手工芸産業の展開ーみんぱく「グラック・コレクション」の追跡調査を手がかりに」
13:40~14:10
椿原敦子「2018年テヘラン調査報告:哀悼儀礼の現在」
14:20~16:20頃
コンフェッション/自己紹介続き

AA研基幹研究「中東・イスラーム圏における分極化とその政治・社会・文化的背景」研究会

アジア・アフリカ言語文化研究所の基幹研究「中東・イスラーム圏における分極化とその政治・社会・文化的背景」では、下記のように研究会を開催いたします。皆様のご参加をお待ち申し上げております。

日時:
2019年3月28日(木)13:30-18:00
会場:
東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所3F マルチメディア会議室(304) (府中市朝日町3-11-1)
内容:
高尾 賢一郎(日本学術振興会特別研究員(PD))「今日のムスリム社会に見るヒスバ:風紀取締り活動を事例に」
錦田愛子(AA研所員)「「難民危機」から3年:ドイツのシリア難民の社会統合をめぐる制度と適応」
使用言語:
日本語
参加費:
参加費:
事前申し込み:
不要

アジア・ムスリム研究会開催のお知らせ

早稲田大学イスラーム地域研究機構アジア・ムスリム研究所は、下記のとおり、2018年度第2回アジア・ムスリム研究会を開催します。ご参加いただければ幸いです。なお、今回は第29回「移民の参加と排除に関する日仏研究会」との共催となっています。

2019年度第2回アジア・ムスリム研究会

日時:
2019年3月23日(土)14:00-17:30
場所:
早稲田大学早稲田キャンパス第14号館5階515教室
(地図 https://waseda.app.box.com/s/pbxii35yfxie8jb35ad9vg55dq0qlcwv)
第1報告:小島 宏(早稲田大学社会科学総合学術院教授)
「フランスのムスリマにおけるベール着用の関連要因」
第2報告:鄭 栄桓(明治学院大学教養教育センター准教授)
「「朝鮮籍」はいかにして生まれたか:植民地解放後における在日朝鮮人の国籍問題」
懇親会
時間:18:00-
会場:馬記 蒙古肉餅(高田馬場、清真料理)
(お店の情報はこちら https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130503/13199858/

懇親会(自己負担)参加予定の方は、3月21日(木)午後6時までに小島宛(kojima[at]waseda.jp、[at]をアットマークに変えてください)にお知らせいただければ幸いです。

第35回人文機構シンポジウム開催のお知らせ

第35回人文機構シンポジウム レクチャーコンサートc
「中東と日本をつなぐ音の道(サウンドロード)―音楽から地球社会の共生を考える」

【開催日時】
2019年3月23日(土) 13:30~16:30 (開場13:00)
【会場】
東大寺総合文化センター金鐘ホール(奈良市水門町100番地)
http://culturecenter.todaiji.or.jp/accessmap.html
JR大和路線・近鉄奈良線「奈良駅」から市内循環バス「大仏殿春日大社前」下車徒歩5分
※駐車場はありませんので、公共交通機関をご利用ください。
【趣旨】
正倉院宝物にある琵琶や箜篌(くご)などの楽器は、中東がルーツであるとされています。琵琶の先祖となったアラブのウードは、ヨーロッパのリュートやギターともつながっています。音の道は地球をつなぎ、人びとは音楽によって喜びや悲しみをわかちあうのです。そのいっぽう、国歌や民族の魂の歌が境界をうみだすこともあります。特定の文化や社会に根づきながらも、人びとをつないでいく音楽の魅力に焦点をあてながら、国家や民族の境界をこえた地球社会で共に生きることについて考えてみたいと思います。
【プログラム】
13:00
開場
13:30
開会
総合司会:相島 葉月(国立民族学博物館准教授)
開会挨拶:平川 南(人間文化研究機構 機構長)
13:35
特別講演「大仏開眼と音楽」
森本 公誠(東大寺 長老)
13:55
基調講演「なぜベリーダンスは世界にひろがったのか?―音楽が創りだす地球社会の可能性」 西尾 哲夫(国立民族学博物館副館長、現代中東地域研究総括代表)
14:20
レクチャーコンサート「地球音楽を生きる―中東と日本をつなぐ楽器たち」
演奏1 ウード 常味 裕司
演奏2 サントゥール 谷 正人
演奏3 尺八 カイル・カマル・ヘロウ
解説 水野 信男(兵庫教育大学名誉教授)
ファシリテーター 飯野 りさ(日本学術振興会特別研究員)
15:50
総合討論
パネリスト 常味 裕司、谷 正人、カイル・カマル・ヘロウ
ファシリテーター 相島 葉月
16:30
閉会
【申込方法】
こちら(https://www.senri-f.or.jp/35sympo/2018/11/27/)からお申込みください。
定員に達した時点で締め切ります。
【お問合せ】
第35回人文シンポ事務局(一般財団法人千里文化財団 内)
TEL:06-6877-8893 E-mail:sympo☆senri-f.or.jp (☆を@に変えてお送りください。)

主催:大学共同利用機関法人 人間文化研究機構
特別協力:東大寺
後援:文部科学省、東洋音楽学会、近畿日本鉄道株式会社
参加無料、手話通訳有、要事前申込(定員300名)

上智大学「地中海世界のアジール」研究会

上智大学イスラーム研究センターでは、上智大学学術研究特別推進費(重点領域研究)「イスラームとキリスト教他諸宗教の対立・交流・融和の地域間比較研究」)ならびにNIHU地域研究推進事業「現代中東地域研究」上智大学拠点の「公共性」研究の一環として、下記の要領で「地中海世界のアジール」に関する研究会を開催いたします。

皆様のご参加をお待ちしております。

本研究会では、地中海世界におけるアジールについて議論を深めることを目的として、古代キリスト教史を専門とする戸田聡氏をお招きし、史料上、紀元前2世紀のエジプト・メンフィスのサラピス神殿(Sarapieion)に居住したことが知られており、キリスト教以前のエジプトにおける修道者だと研究史上考えられたこともあるカトコイと呼ばれた人々に関して、ご報告いただきます。その後、イスラーム世界との比較の観点からマグリブ中世史を専門とする私市正年氏にミニ報告を、西洋中世史の立場から大貫俊夫氏にコメントをしていただきます。

なお、研究会終了後に懇親会を予定しております。そちらも併せてご参加ください。

【日時】
2019年3月22日(金)16時00分~19時00分
【場所】
上智大学四谷キャンパス2号館6階、615a会議室
*会場の位置・経路の詳細については、以下をご参照ください。
https://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/accessguide/access_yotsuya.html
【プログラム】
16:00 – 17:00
戸田聡(北海道大学大学院文学研究科准教授)「サラピス神殿の「カトコイ」――神域に身を寄せた人々」(仮題)
休憩
17:10 – 17:40
私市正年(上智大学名誉教授)「マグリブ中世社会の聖者廟とアジール」
17:40 – 18:00
大貫俊夫(岡山大学大学院社会文化科学研究科准教授)コメント(西洋中世史の観点から)
18:00 – 19:00
ディスカッション
主催
上智大学イスラーム研究センター
  • 上智大学学術研究特別推進費(重点領域研究)「イスラームとキリスト教他諸宗教の対立・交流・融和の地域間比較研究」)
  • ・NIHU地域研究推進事業「現代中東地域研究」上智大学拠点

*会場準備の都合上、ご出席いただける方は3月18日(月)までに下記のアドレスまでご一報いただけると幸いです。懇親会にご参加される方はその旨も事前にお知らせください。
ias-iac@sophia.ac.jp(@を半角に置き換えて下さい)

現代中東地域研究レクチャーシリーズ特別編開催のお知らせ

平素お世話になっております、国立民族学博物館現代中東地域研究拠点・特任助教の黒田賢治です。
2019年3月21日(木)15:00~16:30に下記の要領で、現代中東地域研究レクチャーシリーズ特別編を開催いたします。
事前申し込み不要で飛び込み参加も可能ですが、先着順となっております。
みなさまのご参加をお待ちしております。

現代中東レクチャーシリーズ特別編:
「内なる深い呼吸を求めてー尺八と空手道を通じたマインドフルネスとは」

演者:
カイル・カマル・ヘロウ(尺八演奏家、空手家)
ファシリテーター:
神野知恵(国立民族学博物館・機関研究員)
【日時】
3月21日(木)15:00~16:30
【会場】
国立民族学博物館2F第7セミナー室
【概要】
カイル・カマル・ヘロウは、幼少期に経験したレバノン内戦から、平和な社会を構築する術を模索する中で、マインドフルネスと多くの概念を共有する日本の伝統芸能に出会いました。尺八の起源は、瞑想の際に禅僧が息を吐いたり、吸ったりする修行にあると言います。本講演では、尺八の演奏を聴いた後、日本での修行や中東における尺八のイメージについて語り合います。
【参加費無料・事前登録不要、先着順】
【問合せ】
kenjikuroda@minpaku.ac.jp

「イスラーム圏における簿記史料の通時的・共時的研究」2018年度第9回研究会のお知らせ

3月18日(月)「イスラーム圏における簿記史料の通時的・共時的研究」2018年度第9回研究会のご案内

「イスラーム圏における簿記史料の通時的・共時的研究」(科研費基盤(B)、代表者:高松洋一)では、2018度第9回となる研究会を、下記要領で開催いたします。
研究会では史料講読をおこないます。扱う史料は、サファヴィー朝(1501-1736)シャー・タフマースプShah Tahmasp(r. 1524-76)期に成立したギヤース・アッディーンGhiyath al-Din Abu Ishaq Kirmaniの簿記術論文です。

【日時】
2019年3月18日(月)16:00~19:00
【場所】
東洋文庫 7階(http://www.tbias.jp/access.html
※曜日・開始時間が通常と異なります。ご注意ください。
【講読史料】
Ghiyath al-Din Abu Ishaq Kirmaniによる簿記術論文(ペルシア語およびアラビア語)
【講読箇所】
第3部(daf‘a)「アワールジャ帳簿(awarja)について」
第2種(naw')「委託管理者(arbab al-tahawil)について」
Mar‘ashi 8140: 217. 処置(isti‘mal)帳簿用例 宮廷費管理官(garakyaraq)の帳簿用例(2)末尾部分「費用(ba-wajh)/手数料(marsum)」の対偶項目から
写本画像:
Mar‘ashi 8140:217- = image 111-
Majlis 6544: 99a- = image 105-
Astan-i Quds 7148: 101a- = image 104-
【担当】
渡部良子(東京大学・非常勤講師)

今回はじめて参加されるという方には、必要資料をご用意しますので、本案内文末に記した連絡先までご連絡ください。
みなさまのご参加を心よりお待ちしております。

***研究会の概略***

本研究会は、文部科学省委託事業「特色ある共同研究拠点の整備の推進事業」として東洋文庫拠点で採択された研究課題 「イスラーム圏におけるイラン式簿記術の展開:オスマン朝治下において作成された帳簿群を中心として」(2008年度-2012年度、代表:高松洋一、下記リンク参照) 、および日本学術振興会・科学研究費研究課題「イスラーム圏におけるイラン式簿記術の成立と展開」(課題番号 25284132 基盤研究(B) 研究代表者:高松洋一、2013-2016 年度)の成果をもとに、さらなるステップを目指しています。

公募研究期間に行った14世紀半ばのペルシア語簿記術指南書『簿記術に関するファラキーヤの論説』(アルマーザンダラーニー著) 訳注に引き続き、他時代の簿記術指南書の講読・内容の比較をおこない、イスラーム圏における国家財政・経済活動の基盤であり知の技術である簿記・財務技術がどのように発展・伝播・変容していったか、通時的な観察と地域間の共時的な比較研究を進めていきたいと考えています。

リンク

ご不明な点がありましたら、連絡先(khargush1969[at]gmail.com [at]を@に置き換えてください)までご連絡ください。

東洋文庫現代イスラーム研究班第6回「近現代の構造変動」セミナー開催のご案内

(公財)東洋文庫現代イスラーム研究班(代表者粕谷元)では、第6回「近現代の構造変動」セミナーを下記の要領で開催いたします。バルカンを対象地域とする今回は、報告者として黛秋津さんをお招きし、18世紀後半にロシア等のヨーロッパ列強がバルカンに進出する際に果たした領事館の役割についてご報告いただきます。
広く皆様のご来場をお待ちいたしております。

なお、研究会終了後には懇親会も予定しております。そちらも併せてご参加ください。

【日時】
2019年3月18日(月) 14時30分~17時00分
【場所】
東洋文庫7階会議室
*会場へのアクセスについては、以下をご覧ください。
http://www.toyo-bunko.or.jp/about/access.html
【プログラム】
14:30~ 趣旨説明
14:35~15:45 報告・質疑
黛 秋津(東京大学大学院総合文化研究科准教授)
「ヨーロッパ列強のバルカン進出の中の領事館―18世紀後半ドナウ両公国におけるロシア領事館開設問題を中心に」
16:00~16:15 コメント
塩谷哲史(筑波大学人文社会系助教)
16:15~17:00 総合討論

地理情報から読み解く歴史:イスラーム史におけるGISの活用

東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所フィールドサイエンス研究企画センターでは下記の要領でフィールドネット・ワークショップ「地理情報から読み解く歴史:イスラーム史におけるGISの活用」を開催します。意見交換の場として、どうぞお気軽にご参加ください。

フィールドネット・ワークショップ「地理情報から読み解く歴史:イスラーム史におけるGISの活用」

日時:
2019年3月21日(木・祝)13:30–17:00
場所:
東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所3階304
参加費:
無料
事前申し込み:
不要
*お子様連れの方も歓迎いたします。プレイマット・授乳室を用意しております。準備の都合上、お子様連れの方は事前にご連絡ください(担当:熊倉 kumakura[at]aa.tufs.ac.jp [at]をアットマークにかえてください)
13:30-13:50
熊倉和歌子(AA研所員)主旨説明 「歴史学×地理情報の今―研究・ツール・課題」
13:50-14:10
加藤博(一橋大学)「歴史における所与としての地形:エジプト・ファイユーム地方を事例に」
14:10-14:30
新井和広(AA研共同研究員,慶應義塾大学)「歴史的ハドラマウト(南アラビア)内の地域区分:グーグル・アースを用いた研究の可能性」
14:50-15:10
吉村武典(大東文化大学)「歴史的都市カイロの発展と水施設:地図情報と叙述史料からの考察」
15:10-15:30
三沢伸生(東洋大学)「近代日本のイスラーム世界進出:諸史資料のGIS活用に向けて」
15:40-16:20
コメント: 亀谷学(弘前大学),後藤寛(横浜市立大学
16:20-17:00
討論
使用言語:
日本語

こちらもご覧ください。
リンク先:http://fieldnet.aa-ken.jp/blog/2019_0321_ws.html
主催:AA研フィールドサイエンス研究企画センター

4. 英語

Event Title:Fieldnet Workshop: History based on Geographic Information: Adaptation of GIS for History of Islam【open】

Date/Time:
Thu 21 Mar 2019 13:30–17:00
Venue:
304
13:30-13:50
Wakako KUMAKURA (ILCAA) Introduction “Current situation of Historical GIS: Studies, Tools, and Problems”
13:50-14:10
Hiroshi KATO (Hitotsubashi University) “On the Topography as a Given Condition for the Local Development: in Case of Fayyum Province in Egypt”
14:10-14:30
Kazuhiro ARAI (Keio University) “Regional division within the historical Hadramawt: a study with the use of Google Earth”
14:50-15:10
Takenori YOSHIMURA (Daito Bunka University) “Relations between the Expansion of Historic Cairo and the Development of Urban Water Facility: A Comparative Analysis of Geographic Informations and Historical Descriptions”
15:10-15:30
Nobuo MISAWA (Toyo University) “Modern Japanese Advances to the Islamic World: Toward the Utilization of GIS Studies with the Various Source Materials”
15:40-16:20
Comments: Manabu KAMEYA (Hirosaki University), Yutaka GOTO (Yokohama City University)
16:20-17:00
Discussion
Language:
Japanese
Admission:
Free
No pre-registration is needed.

Please see the link here. (in Japanese)
リンク先:http://fieldnet.aa-ken.jp/blog/2019_0321_ws.html
Organized by  ILCAA Field Science Center (FSC)

イスラーム地域研究コロキウム「イラン・アヘンと帝国日本の交易ネットワーク」開催のお知らせ

早稲田大学イスラーム地域研究機構では、来る3月18日(月)に下記の通りイスラーム地域研究コロキウムを開催いたします。

今回は、慶應義塾大学名誉教授の坂本勉氏をお招きし、19世紀末から20世紀初頭にかけての日本領有下の台湾を舞台としたイラン産アヘンの交易をめぐる総督府の対イラン政策、さらにはインド洋海域から南・東シナ海へとネットワークを広げた中東イスラーム世界出身の商人の活動とその意義についてお話しいただきます。参加自由ですので、ご興味・ご関心をお持ちの皆様方のご来場をお待ちしております。

●日時:
2019年3月18日(月) 16時30分~18時
●会場:
早稲田大学早稲田キャンパス11号館606教室
(キャンパスマップ:http://www.waseda.jp/student/koho/15_campusmap_2018.pdf
※ 11号館6階にはエスカレーターでお越しください。エレベーターは停まりませんのでご注意ください。
●報告者:
坂本 勉氏 (慶應義塾大学名誉教授)
●報告題目:
イラン・アヘンと帝国日本の交易ネットワーク
●報告要旨:
日清戦争後、台湾を植民地として領有するようになった日本は、そこではじめてアヘン問題に直面する。台湾におけるアヘンの吸煙事情は、中国本土のようにインド産アヘンにその消費を依存する割合が比較的小さく、その多くをイランからの輸入アヘンに負うという特徴を有していた。ここから台湾総督府は早くからイランに対して関心を向け、アヘンの輸入貿易を行っていくようになる。
本発表ではこのようにしてはじまった日本領有下の台湾とイランとの間のアヘン貿易の問題、対イラン政策を取り上げ、それを通じて19世紀末以降帝国日本がその交易ネットワークとそれによって形成される広域的な経済圏をマラッカ海峡を越えたインド洋海域にまで拡大させ、イランを含めた中東イスラーム世界との関係を深めていく過程を明らかにしていくことにしたい。アヘンの輸入貿易は、日清・日露戦争後にグローバルな世界経済のなかに積極的に参入していくようになる帝国日本にとって、日本の産業革命の中核を担った綿紡績業とそれが生みだす綿製品の輸出貿易とともにその対外経済、国際貿易を成り立たせるのに欠かすことのできない両翼のひとつであったという意味で経済的にきわめて重要なものであった。
他方、1870年代に大飢饉に見舞われたイランにとってアヘンの商業的生産と輸出は、疲弊した国の経済を回復させる活路のひとつであった。その輸出先として重要だったのが、台湾を含む広大なアジア市場である。これをめざしてさまざまな商人がイランからボンベイ(ムンバイ)、シンガポール、香港へとその広域的な交易ネットワークを延ばしていくようになるが、こうした中東イスラーム世界出身の商人たちの東方への進出の問題を、これまでイスラーム世界史のなかで強調されてきたインド洋海域から南・東シナ海にかけてつながるネットワーク論を踏まえながら再検討してみたいというのが本発表のもう一つの狙いである。史料的にはペルシア語史料はさほど多いとはいえないが、これを補うものとして近年閲覧が容易になってきた台湾総督府文書を紹介しながら、具体的に話していくつもりである。

※ 本コロキウムに関するお問い合わせは、下記メールアドレス宛にお願いいたします。
宛先: islam-info [at] list.waseda.jp

早稲田大学イスラーム地域研究機構
〒169-8050
東京都新宿区西早稲田1-6-1 早稲田大学9号館
e-mail:  islam-info [at] list.waseda.jp
website:
https://www.waseda.jp/inst/ias/

イスラエル・パレスチナ人医師の講演会のご案内

ガリラヤの村で診療を続けてこられた(現在はアメリカ在住)パレスチナ人医師による講演会を3/18(月)に東大駒場キャンパスで開催いたします。使用言語は英語のみ(ただし、質疑応答時に簡単な通訳は可能です)、平日夕刻で恐縮ですが、ワークショップ同様に事前登録は必要ありませんので、どうぞお気軽にお越し下さい。

なお、本講演会と前記のワークショップ詳細については以下のサイトも併せてご覧下さい。

<講演会>
https://www.tarotsurumi.com/chief-complaint
<ワークショップ>
https://www.tarotsurumi.com/2019-ir-within
Talk by Dr. Hatim Kanaaneh “Chief Complaint: A Country Doctor’s Tales of Life in Galilee”
March 18, 2019, 18:00-19:30 (the venue will open at 17:50)
University of Tokyo, Komaba I, Bldg. 2 #306
Dr. Hatim Kanaaneh was born in the Palestinian village of Arrabeh in the Galilee region. He left in 1960 to study in the United States, earning degrees in medicine and public health from Harvard University. In 1970, after returning home, he was the first and only resident physician in a rural area of over 50,000 Palestinian citizens of Israel. He worked for over 35 years to bring medical care to Palestinians in Galilee, against a culture of anti-Arab discrimination. After retiring from medical practice, he authored a collection of short stories, Chief Complaint (Just World Books, 2015). In these fictionalized vignettes, Dr. Kanaaneh explores the changing, precarious, and ever-shrinking world of Palestinians living in Israel.
Each story is titled with the “chief complaint” of its protagonist, the principal reason that the patient sought medical attention at Kanaaneh’s clinic. Using the classic tool of the medical profession known as the “review of systems” as a literary device, Kanaaneh deftly draws the reader in to a fascinating cast of characters, narrating their troubles and pain as well as the joys that punctuate life for the Palestinians of Galilee. The stories reveal the struggles, triumphs, memories, and hopes of the indigenous Palestinian community living in a state that does not acknowledge their past or encourage their future.
On March 18, 2019, at University of Tokyo, Komaba (Bldg. 2 #306), Dr. Kanaaneh will discuss the background to his book and the unique potential of his community to contribute to a better future for the region.

第17回中央アジア古文書研究セミナーのご案内

本年度の「中央アジア古文書研究セミナー」を、科研費(基盤研究(B))「近代中央アジアのムスリム家族とイスラーム法の社会史的研究」(代表:磯貝健一)の助成により、下記の要領で開催いたします。ふるってご参加いただきたくご案内申し上げます。

日時:
2019年3月16・17日(土・日)
16日(土)14:00~17:30  17日(日)11:00~16:00
場所:
奈良女子大学 文学系S棟1階 S128教室
※会場アクセス: 奈良市北魚屋西町(〒630-8506)
http://www.nara-wu.ac.jp/nwu/intro/access/map/index.html
【プログラム】
司会:
磯貝健一(追手門学院大学国際教養学部)
3月16日(土)
14:00~14:15
参加者自己紹介
14:15~15:45
矢島洋一(奈良女子大学人文科学系)
「中央アジアのカーディー印」
15:55~16:45
磯貝真澄(京都外国語大学外国語学部)
「19世紀末~20世紀初頭中央アジアのワクフ関連文書」(1)
16:45~17:30
質疑応答
※18:00~
懇談会
3月17日(日)
11:00~12:00
磯貝真澄
「19世紀末~20世紀初頭中央アジアのワクフ関連文書」(2)
 
ランチ
13:00~15:00
杉山雅樹(京都外国語大学国際言語平和研究所)
「サマルカンドのファトワー文書」
15:15~16:00
質疑応答・総合討論

参加を希望される方は、資料送付宛先と懇談会の出欠を明記の上、事務連絡先まで電子メールにてご連絡ください。講読で使用する資料を事前に郵送いたします。また、遠方の方は、旅費の相談をいたしますので、早めにご連絡ください。事務手続きの関係上、参加の受付は2月25日(月)をもって締め切ります。
―事務連絡先:磯貝真澄(isomasu3☆mbe.nifty.com)
※☆を@に替えてご利用下さい。

Deborah G. Tor博士特別講演会のご案内

来る3月12日(火)と3月15日(金)に、下記の通り、Deborah G. Tor(ノートルダム大学)先生をお迎えして、特別講演会を開催いたします。 皆様のご参加を心よりお待ちしております。

Debora G. Tor博士略歴

Dr. Tor is an Associate Professor of the Department of History, University of Notre Dame. She is specialized in the political, social, religious, and military history of the medieval Middle East and Central Asia, from the rise of Islam until the 13th century. Her publication include the books Violent Order: Religious Warfare, Chivalry, and the ‘Ayyār Phenomenon in the Medieval Islamic World (2007); The Abbasid and Carolingian Empires: Studies in Civilizational Formation (2017); Medieval Central Asia and the Persianate World: Iranian Tradition and Islamic Civilisation (2015 with A.C.S. Peacock). She also published numerous refereed articles and encyclopaedia entries in leading journals and reference works in the field.

特別講演会

  1. 日時:
    2019年3月12日(火)15:00~17:00
    会場:
    東京大学・法文2号館・第三会議室(地図)
    講師:
    Deborah G. TOR 博士 (University of Notre Dame)
    講演題目:
    "Religious Partisanship (taʻaṣṣub) in the Medieval Islamic City"
  2. 日時:
    2019年3月15日(金)15:00開始
    会場:
    京都大学・人文科学研究所・本館一階セミナー室1 (地図)
    講師:
    Deborah G. TOR 博士 (University of Notre Dame)
    講演題目:
    講演題目:

*講演はいずれも英語で行われます(通訳なし)。事前申し込みは不要、参加無料です。

*問い合わせ先:人文科学研究所・稲葉研究室

本講演会は、科研費新学術領域研究「都市文明の本質」 計画研究05「中世から近代の西アジア・イスラーム都市の構造に関する歴史学的研究」によるものです。
ポスター、および案内はそれぞれ下記リンク先からもご覧いただけます。
日本語 http://rcwasia.hass.tsukuba.ac.jp/city/seminar/index.html#C01-05_09
English http://rcwasia.hass.tsukuba.ac.jp/city_EN/seminar_EN/index_EN.html#C01-05_09

「ビジネスにも役立つ『京大アジア・アフリカ塾』春期講座」のご案内

京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科(以下、ASAFAS)では、京都大学が100%出資する事業子会社、京大オリジナル㈱の主催で「ビジネスにも役立つ『京大アジア・アフリカ塾』春期講座」を下記のとおり開催いたします。ご興味のある方は、下記ウェブサイトよりお申し込みいただきますようお願い申し上げます。

https://www.kyodai-original.co.jp/?p=3159
短縮URL:http://c1c.jp/5070/AtNRy3/262

総選挙直前のタイ・インドネシアの政治や東南アジアで広がるイスラーム金融について詳しく解説!
「ビジネスにも役立つ『京大アジア・アフリカ塾』春期講座」

◇趣旨
アジア・アフリカ諸国における商習慣、政治経済情勢、人々の独自の考え方については、それを形成づけてきた文化や歴史が存在します。また、その商習慣、政治経済情勢、人々の独自の考え方も、グローバル化していく社会の影響を受けて徐々に変わりつつあります。そのような歴史の変遷と現地で起こっている変化について、京大アジア・アフリカ地域研究研究科等が長年培ってきたフィールドワークの知見をもとに、紹介していきます。  一般のセミナーやビジネス本などの「How to」にとどまらず、アジア・アフリカ諸国の商習慣や政治経済情勢、人々の独自の考え方を包括的に理解するための「知(Why)」を披露します。
◇日時:
1日目:
2019年3月13日(水)13:30~16:30
「激動の東南アジア政治 ~タイ・インドネシアから~」
講師:玉田芳史教授(ASAFAS)、岡本正明教授(京大東南アジア地域研究研究所)
2日目:
2019年3月14日(木)13:30~16:30
「イスラーム経済の衝撃と東南アジア」
講師:長岡慎介准教授(ASAFAS)、吉田悦章特任准教授(ASAFAS)
◇場所:
京都アカデミアフォーラム in 丸の内(新丸の内ビル10階)
◇受講料:
両日参加:18,000円(学生:14,000円)
各日のみ参加:10,000円(学生:8,000円)  ※全て税込
◇定員:
60名程度(先着順)
◇問い合わせ先:
京大オリジナル(株)研修・講習事業部  担当:岡田・鈴木・柳本
kensyu@kyodai-original.co.jp  075-753-7778

(参考)京大オリジナル㈱は京都大学が100%出資した事業子会社です。その収益の一部は京都大学に還元し、様々な研究などに活用されます。
https://www.kyodai-original.co.jp/

中国ムスリム研究会第35回定例会のご案内

2月9日に予定していた中国ムスリム研究会第35回定例会が大雪の予報により中止となり、振替研究会として、下記の通り定例会を開催いたします。
奮ってのご参加をお待ち申し上げております。

2019年3月10日(日)に中国ムスリム研究会第35回定例会を開催致します。
安藤潤一郎氏(東洋大学アジア文化研究所・客員研究員)、矢久保典良氏(千葉商科大学・非常勤講師)に日頃の研究成果をご発表いただきます。
お忙しいとは存じますが、多数の会員の皆様のご参加をお待ちしております。
なお、今回の定例会は、中央大学政策文化総合研究所プロジェクト・チーム「ユーラシアの変動と日本:移動・交流と社会文化変容」(代表:新免康氏)との共催となります。
準備の関係上、参加人数を事前に確認する必要がございます。
大変恐縮ではございますが、参加ご希望の方は3月2日(土)までに当事務局のメールアドレス(muslimsinchina*hotmail.com)へご連絡ください。
*メール送信の際は「*」を「@」に変換してください。
その際、懇親会への出欠に関しましてもお書き添えいただけましたら幸いに存じます(定例会終了後、近くのハラールレストランで懇親会を予定しております)。
お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願いいたします。

中国ムスリム研究会第35回定例会のご案内

日時:
2019年3月10日(日)14:00~18:00
場所:
東洋文庫7階会議室
*アクセス  http://www.toyo-bunko.or.jp/about/access.html
プログラム
14:00~15:35
発表1(発表45分、コメント10分、質疑応答40分)
発表者:矢久保典良氏(千葉商科大学・非常勤講師)
テーマ:「日中戦争時期の中国ムスリム団体の「戦後」―政治参加をめぐる議論を中心に」(仮)
コメント:上出徳太郎氏「非イスラム政権とムスリムコミュニティ―普遍性と特殊性」
15:35~15:50
休憩
15:50~17:25
発表2(発表45分、コメント10分、質疑応答40分)
発表者:安藤潤一郎氏(東洋大学アジア文化研究所・客員研究員)
テーマ:「日中戦争期華北占領地の回民社会における教育事業ー中国回教総聯合会の関連事業を中心に」
コメント:海野典子氏(日本学術振興会特別研究員)「回民にとっての日中戦争―ナショナリズム・教育・信仰への影響を中心に」(仮)
17:25~18:00
総合討論
懇親会:
定例会終了後、会場近くで懇親会を開く予定です。

その他、ご不明な点につきましては、中国ムスリム研究会事務局までお問合わせください。

AA研アーイーニ・アクバリーシンポジウムThe Sixth Perso-Indica Conference “The Classification of Indic Culture at the Mughal Court: the Ā’īn-i Akbarī”のお知らせ

きたる3月9日(土)・10日(日)に、東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所は、共同利用・共同研究課題「近世南アジアの文化と社会:文学・宗教テクストの通言語的比較分析」、および科研費(基盤A)「イスラーム国家の王権と正統性--近世帝国を視座として」(代表者: 近藤信彰 課題番号: 15H01895)、科研費(国際共同研究強化B)「翻訳から見る近世南アジアの文化多元主義」(代表者: 太田信宏 課題番号: 18KK0013)との共催で、Perso-Indicaプロジェクト(http://perso-indica.net/)の第6回国際カンファレンス“The Classification of Indic Knowledge at the Mughal Court: the Ā’īn-i Akbarī” を開催いたします。ムガル帝国アクバル時代の最重要のペルシア語史料に焦点をあてて、国内外で活躍する第一線の研究者が意見を交える、大変貴重な機会です。ご来駕賜りますと幸いです。
なお、事前登録は不要ですが、3月9日に行われる情報交換会に参加を希望される方は、3月2日までに末尾の問い合わせ先までご連絡ください。

日時:
2019年3月9日(土)10:30~17:30
3月10日(日)10:30~16:10
会場:
東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 3階大会議室(AA303)
(府中市朝日町3-11-1, アクセス http://www.aa.tufs.ac.jp/ja/about/access
プログラム:
Saturday, March 9
10:30-11:00
Fabrizio SPEZIALE (Ecole des hautes études en sciences sociales) / OGURA Satoshi (ILCAA) Introduction
11:00-12:00
Richard Maxwell EATON (University of Arizona) “The Ā’īn and modernity: should we reconsider the Akbar-‘Ālamgīr binary?”
12:00-13:00
Lunch
13:00-13:30
13:00-13:30
13:30-14:00
Syed Najaf HAIDER (Jawaharlal Nehru University) “Money and Monetary Economy in the Ā’īn-i Akbarī”
14:00-14:20
Discussion
14:20-14:35
Coffee Break
14:35-15:05
Eva ORTHMANN (Georg-August-Universität Göttingen) “Statecraft and kingship in the Ā’īn-i Akbarī”
15:05-15:35
Carl W. ERNST (University of North Carolina at Chapel Hill) “Persianate Concepts of Religion in the Ā’īn-i Akbarī.”
15:35-15:55
Discussion
15:55-16:10
Coffee Break
16:10-16:40
SAKAKI Kazuyo (ILCAA Joint Researcher, Hokkaido Musashi Women’s College) “The doctrine of Karma in the Ā’īn-i Akbarī”
16:40-17:10
Prashant KESHAVMURTHY (McGill University) “Akhlāq and the Sequence of Topics in the Ā’īn-i Akbarī”
17:10-17:30
Discussion
18:30-20:30
Reception (Joho-kokan kai)
Sunday, March 10
10:00-10:30
Chander SHEKHAR (University of Delhi) “Indic Ornamental Flowers of Essence: Ā’īn-i Akbarī, a Guide Book of Continuity”
10:30-11:00
Sheikh Mohammad Razaullah ANSARI (Aligarh Muslim University) “An Analytical Presentation of astrological-astronomical Knowledge of Abul Fazl ‘Allāmī in his Ā’īn-i Akbarī”
11:00-11:30
KONDO Nobuaki (ILCAA) “Ā’īn-i Akbarī as a Tazkira of Poets”
11:30-11:50
Discussion
11:50-12:50
Lunch
12:50-13:20
INOUE Haruo (Institute for Research in Humanities, Kyoto University) “Descriptions of the Court Music in the Ā’īn-i Akbarī in terms of the Cultural Interaction between the Persia and the Indian music”
13:20-13:50
NINOMIYA Ayako (ILCAA Joint Researcher, Aoyama Gakuin University) “Analyzing intellectual milieu of Ā’īn-i Akbarī”
13:50-14:10
Discussion
14:10-14:30
Coffee Break
14:30-15:00
Maryam MOAZZEN (University of Louisville) “Religious Absolutism and Religious Pluralism: Akbar’s Religious Experimentations in Safavid Sources”
15:00-15:30
OGURA Satoshi (ILCAA) “The Ā’īn-i Akbarī and Western Indology: With Special Reference to the Category of the Six Schools of Philosophy”
15:30-15:50
Discussion
15:50-16:10
Closing Remarks
問い合わせ先:
ogura (at) aa.tufs.ac.jp

イスラエルのパレスチナ人・ドイツのムスリム等に関するワークショップのお知らせ

2019年3月9・10日(土日)に、東京大学駒場Iキャンパス21 KOMCEE West K303にて、“International Relations Within: Self-Complexity in Ethnic Conflict and Coexistence”と題した国際ワークショップを開催します。イスラエルのパレスチナ人・アメリカのアラブ難民について研究されている人類学者や、ドイツのムスリムやロシア人、あるいは民族関係に関する研究をされている社会心理学者など、中東学会の皆様のご関心にも近い研究者もお招きし、諸個人の自己内部の葛藤や調和といった観点から民族関係を考察し、記述していくことを目指します。1日目は登壇者の多様な分野の基本情報を共有することを主眼とし、2日目は、ワークショップのテーマについてより専門的に議論していくという手順になっております。

<プログラムProgram>

March 9: Introductory
11:00-11:50
Introduction (Taro Tsurumi)
12:00-12:50
Bernd Simon, “The Social Psychology of Identity: Concepts, Methods, Insights”
14:00-14:50
Taro Tsurumi, “Jewish Self-Complexity: A Case in the Russian Empire”
15:00-15:50
Anton Popov, “A Place Called ‘Home’: Property Ownership, Legitimacy and Local Identification of Greek Migrants in Southern Russia”
16:10-17:00
Rhoda Kanaaneh, “Colonized Hybridities: To Be Palestinian inside Israel”
17:10-18:00
Toshio Matsumura, “Chineseness or Chinese Aspects in the Political Context of Indonesia”
18:15-20:15
Reception
March 10: Advanced
9:30-10:20
Bernd Simon, “Identity as a Different Equal: Politicization, Respect, Tolerance”
10:30-11:20
Toshio Matsumura, “Reconsidering Binary Understanding on Ethnic Chinese in Indonesia: In Comparison with Brunei's Case”
11:30-12:20
Rhoda Kanaaneh, “Hybridity on Trial: Cultural Continuity and Discontinuity in Arab Asylum Narratives in the United States”
13:40-14:30
Anton Popov, “The Pontic Greek Cultural Revival: A Global Network and Local Concerns”
14:40-15:30
Taro Tsurumi, “The Origin of Jewish Separatism: Extinction of an Aspect or Emergence of a New?”
15:45-17:00
General discussion

詳細は以下をご覧ください。

https://www.tarotsurumi.com/2019-ir-within

事前登録は必要ありませんが、ご連絡いただけましたら詳細情報をお知らせいたします。使用言語は英語のみ(通訳なし)ですが、なるべく平易な英語を使用するよう努めます。

どちらか一方の日や、一つの発表だけのご参加でも歓迎いたしますので、お気軽にお越しくださいますようお願い申し上げます。
1日目の懇親会につきましてもどなたも歓迎いたします。

---English version---

On March 9-10 (Sat-Sun), 2019, I will organize an international workshop titled “International Relations Within: Self-Complexity in Ethnic Conflict and Coexistence,” focusing on ethnic and international relations from the perspective of self-complexity, in which the self has several ethnic aspects. Among others, anthropologists and social psychologists who study fields relevant to JAMES, such as Palestinians in Israel, Arab refugees in the US, and Muslims in Germany, will join it. On the first day, we will share basic knowledge of each field and on the second day, we will discuss further based on more detailed researches. The venue is the University of Tokyo, Komaba, 21 KOMCEE West K303.

-Program-
See the one in the Japanese version above.

For details, please visit the following page:
https://www.tarotsurumi.com/2019-ir-within

Registration is not required, but if you would contact me, I will send you more information. I would be happy even if you could join only a day or a session. Reception on the first day is also open to everyone.

Sincerely,

Workshop the Development and Water in the Western Desert (Egypt)

2019年2月16日更新

日本中東学会会員の皆様
下記のご案内をお送りしましたが、報告予定者がエジプト側での事情により来日できなくなったため、中止になりました。
よろしくお願い申し上げます。

上智大学アジア文化研究所および水稀少社会情報研究センターでは、エジプト・ニューバレー大学学長代行Dr.Atif Abo El-Wafa Ahmed Hefni(専門:農学)とアシュート大学理学部教授Dr.Abdelhay Ali Farrag(専門:水文学)をお迎えて、下記のワークショップを開催します。砂漠とオアシスの学際研究にご関心のある方のご参加をお待ちしています。

Research Workshop on the Development and Water in Western Desert (Egypt)

[日時 Date]
2019年3月8日(金)March 8th 2018 (Friday) 17:30 – 19:00
[場所Venue]
上智大学2号館615a会議室 Sophia University Building 2, room 615a
https://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/accessguide/access_yotsuya.html
[Program]
17:30 – 17:40
Introduction
`17:40 – 18:40
Presentations
(1) Dr.Atif Abo El-Wafa Ahmed Hefni, Doer of President of the New Valley University
“The New Valley Area as Old and New Source for Development in Egypt”
(2) Dr.Abdelhay Ali Farrag, Professor at Faculty of Science, Assiut University
“Geology and Ores of the New Valley Governorate - Egypt”
18:40 – 19:00
Discussion
[言語 Language]
英語 English
[連絡先Inquiry]
i-asianc●sophia.ac.jp [Please change ● to @]
資料準備の都合上、ご参加の方は上記アドレスまでご一報ください。

Organized by: Institute of Asian, African and Middle Eastern Studies, Institute of Water Scarce Society Information Research Center, Sophia University
主催:上智大学アジア文化研究所、水稀少社会情報研究センター(科研費基盤研究A「北アフリカ乾燥地域における持続可能な地下水利用システムの構築」(代表:岩崎えり奈))

東文研セミナー「近代以降日本人は『イスラーム美術』品をどう見たか」 のお知らせ

東京大学東洋文化研究所班研究「イスラーム美術の諸相」は、以下の要領で、東文研セミナーを開催いたします。
どなたでも自由にご参加いただけます。事前の登録は不要です。皆様のご来場を心よりお待ちしております。

東文研セミナー「近代以降日本人は『イスラーム美術』品をどう見たか」

本セミナーでは、いわゆる「イスラーム美術」品の収集に関しては、欧米と比して後発国であった日本において、それらがどのような独自の文脈で解釈され、受容されてきたのかについて、染織品と陶器という二つのメディアを中心に検討します。

日時:
2019年3月8日(金)14:00~17:00
場所:
東京大学東洋文化研究所3階第一会議室(http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/access/index.html
発表題目:
日本におけるイスラーム染織品コレクションの形成
鎌田 由美子(慶應義塾大学経済学部准教授)
描かれたペルシャ(波斯):戦後の日本画家・洋画家が見たペルシャ陶器
神田 惟(東京大学東洋文化研究所特任研究員、教養学部非常勤講師)
発表要旨:
日本におけるイスラーム染織品コレクションの形成
鎌田 由美子(慶應義塾大学経済学部准教授)
欧米では19世紀後半から、中央アジアやイラン、トルコで生活する遊牧民が織った絨毯や敷物、袋物が集められるようになっていった。近年、彼らの生み出した染織品に対する研究関心が高まり、2017年には大英博物館よりTextiles of the Middle East and Central Asia: The Fabric of Lifeが出版された。では、日本ではそれらはどのようにコレクションされてきたのだろうか。本発表では、民藝運動にかかわった柳宗悦、濱田庄司、芹沢銈介らの蒐集に注目しつつ、遊牧民の生み出した染織品や、中東の織物がどのような人びとに、いかなる意図のもとに集められたのか考察する。
描かれたペルシャ(波斯):戦後の日本画家・洋画家が見たペルシャ陶器
神田 惟(東京大学東洋文化研究所特任研究員、教養学部非常勤講師)
本報告の目的は、戦後の西アジアのイスラーム化以降に比定されるペルシャ陶器の古美術品としての収集と研究が、日本に拠点を置いて活動する画家たちの創作活動に与えた影響について明らかにすることである。とりわけ、これまで専論のなかった、1950年代後半に端を発する「ペルシャ(波斯)」陶器を題材とした静物画のブームについて光を当て、議論する。前提としてまず、日本におけるペルシャ陶器の収集の時期毎の特質について概観する。そののちに、1961年に『ペルシャ陶器を描く』を上梓した伊東深水(1898–1972年)をはじめとする日本画家と、鈴木信太郎(1895–1989年)ら洋画家による「ペルシャ(波斯)」陶器へのアプローチの違いについて、問題とされる画題の静物画に加え、彼ら自身の収集品や関連する発言、彼らの交友・師弟関係を包括的に検証し明らかにする。
主催:
東京大学東洋文化研究所班研究「イスラーム美術の諸相」
共催:
科学研究費研究活動スタート支援「近代日本における「ペルシア/波斯」美術コレクション形成と日本画・洋画・工芸の展開」(2018–19年度、代表者:神田 惟)
問い合わせ先:
masuya(at)ioc.u-tokyo.ac.jp
担当:
桝屋
公式URL:
http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/news/news.php?id=WedJan301023192019

公開講演会「アフガニスタン自立への展望:平和と安定に向けた日本の支援の役割」開催のご案内

お茶の水女子大学グローバル協力センター主催公開講演会
「アフガニスタン自立への展望:平和と安定に向けた日本の支援の役割」

お茶の水女子大学は、2002 年から五女子大学コンソーシアムの枠組みでアフガニスタンの女子教育者研修等を実施し、女子教育を通じて同国の復興支援に取り組んできました。このたびグローバル協力センターは、鈴鹿光次アフガニスタン・イスラム共和国駐箚特命全権大使を講師にお招きして、公開講演会を開催します。
本講演では、鈴鹿大使より、アフガニスタンが国際社会からの支援への依存から脱却し、自立して発展してゆくためには何が求められるのか、どういった課題が存在するのか、そして、同国の平和と安定に向けて日本が果たすべき役割は何か、等についてお話しいただき参加者と議論を深める機会とします。是非ご参加ください。

【日時】
2019年3月4日(月)13:30~15:00
【場所】
お茶の水女子大学本館306室
【講師】
鈴鹿 光次 氏(アフガニスタン・イスラム共和国駐箚特命全権大使)
【講師プロフィール】
大阪府出身、1980 年外務省入省。ペルシャ語専門。
在イラン大使館、在ロスアンジェルス総領事館、在ミャンマー大使館で在外勤務。国内では中近東第二課、民間援助連携室、国際情報統括官組織等を歴任。
衆議院国際部渉外課長を経て、2016 年9月より現職。
【申込方法】
参加費無料、事前申込み制(当日受付有り)。タイトルを「3月4日公開講演会参加申込み」とし、氏名・所属を明記の上、グローバル協力センターまでメールしてください。
E-mail:info-cwed@cc.ocha.ac.jp
詳細はこちらをご覧ください。
http://www.cf.ocha.ac.jp/cwed/event/e20190304.html
【お問合せ先】
お茶の水女子大学グローバル協力センター
電話番号:03-5978-5546
E-mail: info-cwed@cc.ocha.ac.jp

2月

中東の公共空間に関する研究会案内

現代中東地域研究推進事業 上智大学拠点・社会経済班では、下記の要領で中東の公共空間に関する研究会を開催いたします。
皆様のご参加をお待ちしております。
本研究会では、中東地域における公共空間について議論を深めることを目的として、トルコにおける建築・都市計画をご専門とする鶴田佳子さんをお招きし、トルコの広場と市場(バザールと定期市)さらにトルコ地方都市における女性の交流空間についてご報告いただきます。その後イランの建築・都市計画を専門とする山田大樹さんにイランの広場、とくにエスファハーンの古広場(アティーク広場)等についてご報告いただきます。

なお、研究会終了後に懇親会を予定しております。そちらも併せてご参加ください。

【日時】
2019年2月28日(木)17時30分~19時30分
【場所】
上智大学四谷キャンパス2号館7階、730会議室
*会場の位置・経路の詳細については、以下をご参照ください。
https://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/accessguide/access_yotsuya.html
【研究会プログラム】
17:30 – 18:30
鶴田佳子(昭和女子大学人間社会学部准教授)「トルコ諸都市における公共空間 - 広場、市場、洗濯小屋にみる交流空間の形態 -」
18:30 – 18:50
山田大樹(都市環境研究所研究員)「イランの広場〜エスファハーンのナクシェ・ジャハーンとアティーク広場を例として〜」(仮)
18:50 – 19:30
ディスカッション
*会場準備の都合上、ご出席いただける方は2月25日(月)までに下記のアドレスまでご一報いただけると幸いです。懇親会にご参加される方はその旨も事前にお知らせください。
ias-iac@sophia.ac.jp(@を半角に置き換えて下さい)

上智大学イスラーム研究センター
〒102-0081 東京都千代田区四番町4(市谷キャンパス)
TEL&FAX: 03-3238-4074
ias-iac@sophia.ac.jp
http://dept.sophia.ac.jp/is/SIAS/

国際シンポジウム『フランス語によるアラブ=ベルベル文学における多声/多言語性(ポリフォニー)』

2019年2月23日更新

すでにお送りさせていただいている2月27日・28日に国際シンポジウム『フランス語によるアラブ=ベルベル文学における多声/多言語性(ポリフォニー)』について、プログラムに一部変更がございましたので、お知らせいたします。 どなたでもご参加いただけますが、会場準備の都合上、事前にご連絡いただければ幸いです。 みなさまのご参加をお待ちしております。

国際シンポジウム『フランス語によるアラブ=ベルベル文学における多声/多言語性(ポリフォニー)』
Polyphonie en littérature arabo-berbère de langue française

趣旨:
旧フランス領を中心としたアラブ=ベルベル世界のフランス語は、複数のアラビア語とベルベル語と隣り合って、あるいは背中合わせに存在している。フランス語で書かれたその文学の紙背には常に異言語が透けて見えるのであり、この「他者の単一言語使用」は本来的にポリフォニック(多声/多言語的)な性質を帯びている。本シンポジウムでは、カスバの雅びなアルジェ言葉やジュルジュラ山脈に谺するカビール語、あるいは遠く東のレバノン方言など、様々な言語的差異を無数に抱えた人々の物語に寄り添い、それをフランス語に仮託して語る文学の潜在的多声性を明らかにしたい。
プログラム
2019年2月27日(水)
14:00-14:15 開会の辞:
「極小化される言語の民族性: ニューカレドニアのアラブ人とフランス語の場合」
西尾哲夫(国立民族学博物館)
14:15 趣旨説明:
「アラブ世界のフランス語文学とは何か」
鵜戸聡(鹿児島大学)
14:30–15:30 基調講演:
「二つの世界の間で書く」
シャリーフ・マジュダラーニー(作家・サン=ジョゼフ大学)
15:40–15:50
休憩
報告:
15:40–16:10
「ハビーブ・テングールの詩作品におけるポリフォニーと諸言語の共存」
エルヴェ・サンソン(CNRS)
16:10–16:40
「アルジェリアの“日本マンガ”――新しい文化的ポリフォニーの誕生」
青柳悦子(筑波大学)
16:50–17:30
質疑応答・全体討議
2019年2月28日(木)
10:30–11:00
「カビール語歌謡詩におけるフランス語作家: 共苦と基礎づけのモデルとして」
アリー・シバニー(コレージュ・パブロ・ネルーダ)
11:00–11:30
「ラシード・ミムニ三部作におけるアルジェリアの複数の声」
下境真由美(オルレアン大学)
13:00–13:30
「韓国の文脈においてマグレブ文学の多言語主義をいかに解釈するか」
鄭芝溶(成均館大学)
13:30–14:00
「レイラ・セバール作品における交差する声と横断的エクリチュール」
石川清子(静岡文化芸術大学)
14:00–14:10
休憩
14:10–14:50
質疑応答・全体討議
閉会の辞:西尾哲夫(国立民族学博物館)
【会場】
国立民族学博物館2F 第4セミナー室
http://www.minpaku.ac.jp/museum/information/access
【使用言語】
フランス語(日本語同時通訳あり)
主催:
現代中東地域研究国立民族学博物館拠点
共催:
kaken (16KT0098, 26300021)
programme:
27 fev. 2019
14:00-14:15
Ouverture: « Minimisation du caractère ethnique de langues: le cas des Arabes et leur français en Nouvelle-Calédonie »
Tetsuo Nishio, musée national d’ethnologie (Minpaku)
14:15
Objectif du colloque: « Qu’est-ce que la littérature francophone dans le monde arabe »
Satoshi Udo, Université de Kagoshima
14:30–15:30
Conférence: « Ecrire entre deux mondes »
Charif Majdalani (écrivain, Université de Saint-Josef)
15:40–15:50
Repos
Communications:
15:40–16:10
« Polyphonies et co-présence des langues dans l'oeuvre du poète Habib Tengour » Hervé Sanson (CNRS)
16:10–16:40
« Manga Algérien de style japonais; un nouveau phénomène de polyphonie culturelle » Etsuko Aoyagi, Université de Tsukuba
16:50–17:30
Discussion générale
28 fev. 2019
10:30–11:00
« L’écrivain francophone dans la poésie kabyle chantée : un modèle de compassion et de fondation » Ali Chibani (Collège de Pablo Neruda)
11:00–11:30
« Voix plurielles de l’Algérie : la trilogie de Rachid Mimouni » Mayumi Shimosakai, Université d’Orléans
13:00–13:30
« Comment interpréter le plurilinguisme de la littérature maghrébine dans le contexte coréen? » Ji-Yong Chung, Université de Sungkyunkwan
13:30–14:00
« Voix croisées et écriture traversière dans l’œuvre de Leïla Sebbar » Kiyoko Ishikawa, Université de Shizuoka des Culture et Arts
14:00–14:10
Repos
14:10–14:50
Discussion générale
Clôture:
Tetsuo Nishio, musée national d’ethnologie (Minpaku)

AA研共同研究課題「オスマン文書史料の基礎的研究」研究会

東京外国語大学・アジア・アフリカ言語文化研究所・共同利用・共同研究課題「オスマン文書史料の基礎的研究」では、著書『帝国と遊牧民』を上梓されたばかりの気鋭のオスマン朝史研究者、岩本佳子さんをお招きして2018年度第2回研究会を開催いたします。
当日は、オスマン朝社会経済史研究の根本史料である「租税調査台帳 Tahrir Defteri」について、その成立と発展、別の台帳への分化による衰退、またその変種等のトピックをお話しいただく予定です。マムルーク朝の土地台帳の専門家である熊倉和歌子さんには、比較の視点からコメントしていただきます。
ご関心のある皆様のご参加をお待ちしております。

【日時】
2019年2月27日(水)
14:00–17:30
【場所】
東京外国語大学・アジア・アフリカ言語文化研究所 304マルチメディア会議室
【研究会プログラム】
14:00–16:00
岩本佳子(AA研ジュニア・フェロー)「租税調査台帳 Tahrir Defteri はいつ消滅したのか:オスマン朝における租税調査台帳の発展と衰退の研究」
コメンテータ:熊倉和歌子(AA研所員)
16:30–17:30
総合討論
  • 使用言語:日本語
  • 参加費:無料
  • 事前申し込み:不要
•主催
アジア・アフリカ言語文化研究所・共同利用・共同研究課題「オスマン文書史料の基礎的研究」
•共催
AA研,科研費(基盤B)「イスラーム圏における簿記史料の通時的・共時的研究」(代表者:髙松洋一(AA研所員)課題番号:17H02398)

アイモン・クレール氏講演会(Lecture by Prof. Aymon Kreil)

上智大学イスラーム研究センターでは、エジプトで人類学研究を行ってきたアイモン・クレール氏(ゲント大学)をお招きし研究会を開催いたします。
当日は、2011年のエジプト革命以降の流れも踏まえ、革命の中心地となったタハリール広場他よりも、むしろそれらに隣接した周辺空間での人々の営みに目を向け、宗教間関係を含む分断や協働の構図について、お話しいただく予定です。
ご関心のある皆様のご参加をお待ちしております。

【日時 Date】
2019年2月27日(水)17時30分~19時30分
27 February 2019, Wednesday 17:30-19:30
【場所 Venue】
上智大学四谷キャンパス2号館7階、730会議室
*会場の位置・経路の詳細については、以下をご参照ください。
https://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/accessguide/access_yotsuya.html
7th floor, Bulding No.2, Yotsuya Campus, Sophia University
https://www.sophia.ac.jp/eng/info/access/map/map_yotsuya.html
【研究会プログラム Programme】
講演 アイモン・クレール氏(Aymon Kreil, Ghent University)
「In the Shade of the Square: Revolutionary Cairo Out-Of-Field」
英語(English):通訳なし
コメンテーター 竹村和朗氏(日本学術振興会/東京外国語大学)
Commentator
TAKEMURA Kazuaki, Japan Society for the Promotion of Science/
Tokyo University of Foreign Studies
【発表要旨 Abstract】
The 2011 uprising in Egypt and the two following years of political unrest triggered a lot of media attention. Most scrutiny went to the places where demonstrators gathered and where the main clashes occurred with the police and the military. In Cairo, Tahrir Square in 2011 and 2013 and Rabia Adawiyya Square in 2013 were the two major stages of revolutionary mobilizations. By contrast, this presentation invites to focus on what happened at the margins of the events of 2011-2013. Often, only few blocks away from huge demonstrations, people carried on with their daily tasks almost as if nothing was happening. In Gilles Deleuze’s conceptualization of the “out-of-field” (hors-champ) in cinema, on which this presentation draws, he distinguishes between “frames” (cadres) and “masks” (masques): frames build up pictures whose parameters are enclosed in themselves and refer in priority to other pictures scattered over the duration of time; masks show an image which is only a delimited parcel of the surrounding space. This presentation, echoing a research on strategies to maintain everyday routines in a narrow street of Cairo during that period, argues that the squares on which the demonstrations took place acted as frames of revolutionary history obscuring the space around them in which demands of normalization created favorable conditions for the authoritarian take-over of 2013. These findings have general methodological implication, on which this presentation concludes: that it is crucial to report on what is happening in the vicinity of violent events, whether political or sectarian, to be able to account for it.
主催 上智大学イスラーム研究センター
  • 上智大学学術研究特別推進費(重点領域研究)「イスラームとキリスト教他諸宗教の対立・交流・融和の地域間比較研究」)
  • NIHU地域研究推進事業「現代中東地域研究」上智大学拠点
共催
科学研究費補助金(基盤研究(A))「イスラーム・ジェンダー学構築のための基礎的総合的研究」(代表: 長沢栄治)

*会場準備の都合上、ご出席いただける方は2月25日(月)までに下記のアドレスまでご一報いただけると幸いです。懇親会にご参加される方はその旨も事前にお知らせください。
ias-iac@sophia.ac.jp(@を半角に置き換えて下さい)

公開セミナー於京都「中東の妊活事情 家族・医療・イスラームの視点から」

2019年2月24日(日)、京都キャンパスプラザにて、中東における「子どもをもつこと」をテーマとした以下の公開セミナーを開催いたします。
一般向けのセミナーですが、ご興味のある方の幅広いご参加をお待ちしております。
また、関心のありそうな方にご転送いただけますと幸いです。
今後とも、どうかよろしくお願いいたします。

テロや内戦といった文脈で取り上げられることの多い中東、あるいはイスラーム。本講演会では、現地で暮らした経験をもつ5人の研究者が、「子どもをもつこと」を中心に中東に生きる人々の葛藤を語ります。中東やイスラームに関りのある方も、これまで全く興味を持つことのなかった方も、あるいはジェンダーや生殖の問題に関心がある方も、この機会にぜひ、中東における「子どもをもつ」という小さくて大きな課題について考えてみませんか。基礎知識は不要です。多くの方々のご参加をお待ちしています。

【開催情報】
日時:
2019年2月24日(日曜日)
14時開始17時15分終了(13時30分開場)、
会場:
キャンパスプラザ京都2階第1会議室 (http://www.consortium.or.jp/about-cp-kyoto/access
【登壇者】
司会:
岡真理(京都大学)
講演者(講演順):
後藤絵美(東京大学)「不妊治療にまつわる倫理とイスラーム」
細谷幸子(国際医療福祉大学)「中東の結婚・妊娠・出産の現状」
村上薫(アジア経済研究所)「トルコのキャリア女性と不妊治療の選択」
鳥山純子(立命館大学)「現代カイロで母であることのジレンマ」
岡戸真幸(人間文化研究機構/上智大学)「エジプトでいかに男性として生きるか:家族の中での役割から」
参加費:
無料

資料準備の関係上、22日(金)までに以下の連絡先までご一報いただけると幸いです。
junkoybn@gmail.com (@の部分を半角におきかえてください)

会場の都合上、託児を設けておりませんが、お子様づれでのご参加も歓迎いたします。泣き声、遊びででる嬌声、お子さんとの会話を制限しません。
ポスターは、以下のURLよりご覧になれます。
https://drive.google.com/open?id=1lGsTXU8gF-TPIWoLyo-L4Bhi5_UPebCr
立命館大学国際言語文化研究所「ジェンダー研究会」、科研基盤研究(A)「イスラーム・ジェンダー学の構築のための基礎的総合的研究」主共催

イスラーム地域研究・若手研究者の会2月例会

来る2月23日(土)、イスラーム地域研究・若手研究者の会2月例会を開催いたします。
2月例会の報告は、東京大学大学院人文社会系研究科博士課程・日本学術振興会特別研究員DCの平野貴大さんにお願いしました。

本報告では、小幽隠期(874-941年)を中心にした初期イマーム派のクルアーン解釈の独自性を示すとともに、少なくとも小幽隠期頃まではイマーム派とシーア派諸派との教義上の境界線はまだ完全には形成されていなかったということも明らかにしていただく予定です。

これまで以上の多数の皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

*資料代:200円

日時:
2月23日(土)14:00~17:30
会場:
東洋文庫2階会議室 ※今回の会場は東洋文庫となります。ご注意ください。
発表者:
平野貴大(東京大学大学院人文社会系研究科博士課程・日本学術振興会特別研究員DC)
題目:
「クルアーン解釈書に見る初期イマーム派の独自性と他派との境界の曖昧性」
コメンテーター:
吉田京子(神田外語大学アジア言語学科・准教授)

イスラーム地域研究・若手研究者の会ホームページ: http://islamkokkaron.sakura.ne.jp/

公開講演会「イスラーム文明と近代科学」のお知らせ

東京国際大学国際交流研究所では、以下の要領で2018年度第3回公開講演会を開催することになりました。
今回の会場は、東京国際大学第1キャンパス(埼玉県川越市)です。

日時:
2019年2月23日(土) 14:00~16:30 (13:30開場)
会場:
東京国際大学第1キャンパス 2号館4階 244教室
(東武東上線「霞ヶ関」駅下車南口徒歩5分)
http://www.tiu.ac.jp/about/access/
講演:
イスラーム文明と近代科学
講師:
東京国際大学国際交流研究所所長、筑波大学名誉教授:塩尻和子
要旨:
近代の科学技術や生活文化の源流が中世のイスラーム世界で開発され、西洋へ伝播し発展したことは、あまり知られていま  せん。ギリシア科学を受け継いだイスラーム世界では医学・薬学・天文学・化学・光学など、今日の科学技術の基盤となる学問が発達しました。同時に服装やマナー、料理などの生活文化も発展しました。私たちがヨーロッパ発祥の文化だと思っているものの多くはイスラームの世界で形成されたものです。知られざるイスラーム文明について分かりやすく解説いたします。
☆本講演が塩尻の本学での最終講義となります。

参加費無料

事前申込不要(先着順) 定員60名
☆お車でのご来場はご遠慮ください。
お問い合せ先:東京国際大学学事課、gakuji@tiu.ac.jp 担当:加藤

シンポジウム「沙漠への適応と生活世界の形成 ―文理共創的視点から考える現代中東地域研究―」開催のお知らせ

このたび2月22日(金)に国立民族学博物館でシンポジウム「沙漠への適応と生活世界の形成 ―文理共創的視点から考える現代中東地域研究―」を開催させていただくこととなりました。

本シンポジウムは、人間文化研究機構基幹研究プロジェクト地域研究推進事業(現代中東地域研究、南アジア地域研究、北東アジア地域研究)国立民族学博物館拠点、現代中東地域研究秋田大学拠点、国立民族学博物館共同研究「物質文化から見るアフロ・ユーラシア沙漠社会の移動戦略に関する比較研究」(代表:縄田浩志)の共催イベントです。

プログラムの詳細については、下記の通りです。
参加の申し込みは不要です。
みなさまのご参加、お待ちしております。

シンポジウム
「沙漠への適応と生活世界の形成 ―文理共創的視点から考える現代中東地域研究―」

【日時】
2019年2月 22日(金)13:00~16:10
【場所】
国立民族学博物館2F 第4セミナー室
http://www.minpaku.ac.jp/museum/information/access
【開催趣旨】
本シンポジウムは、初期人類の誕生と拡散の舞台でもあった中東・北アフリカの沙漠において、人間はどのような適応戦略のもと生活世界を形成してきたのか、衣食住を中心とした物質文化に関する文理協働の研究成果に基づき、議論することを目的とする。理学、工学、農学、人文学的アプローチを「文理共創」として新たな知識創造や政策形成等に統合化することが、現代中東地域研究の深化にどのように貢献することができるのか、同じく沙漠が広がる南アジアや北東アジアの地域研究との課題共有の道を探りつつ、可能性を模索していきたい。
【プログラム】
13:00~13:10 西尾哲夫(国立民族学博物館・副館長、現代中東地域研究総括代表) 開催趣旨説明
13:10~13:40 坂田隆(石巻専修大学・教授)「ヒトの暑熱対応の性差:衣への理学的アプローチ」
13:40~14:10 西本真一(日本工業大学・教授)「マシュラベーヤの役割:住への工学的アプローチ」
14:10~14:40 石山俊(国立民族学博物館・プロジェクト研究員)「オアシス農耕の現在:食への農学的アプローチ」
14:40~15:10 縄田浩志(秋田大学・教授)「コーヒー文化の起源・伝播・拡散:適応への人文学的アプローチ」
休憩:15:10~15:20
コメント:
15:20~15:30 辛嶋博善(国立民族学博物館・特任助教)
15:30~15:40 松尾瑞穂(国立民族学博物館・准教授)
15:40~15:50 窪田順平(人間文化研究機構・理事)
総合討論「沙漠への適応と生活世界の形成」:15:50~16:10
お問合せ:
黒田賢治(kenjikuroda@minpaku.ac.jp
共催:
人間文化研究機構「現代中東地域研究」国立民族学博物館拠点・秋田大学拠点、人間文化研究機構「南アジア地域研究」国立民族学博物館拠点、人間文化研究機構「北東アジア地域研究」国立民族学博物館拠点、国立民族学博物館共同研究「物質文化から見るアフロ・ユーラシア沙漠社会の移動戦略に関する比較研究」

イズミルでの国際ワークショップのお知らせ

この度、科研費での研究成果等に基づbrき、トルコ(イズミル)のヤシャル大学との共催で、ワークショップを開催することになりました。
イズミルでの開催となりますが、ご関心をお持ちの皆様にご参加頂ければさいわいです。
どうぞよろしくお願いします。

■国際ワークショップ"Turkish-Japanese Joint Research Workshop on Migration"

【日時】
2019年2月19日(火) 10:00~13:00
【会場】
Yasar University, Senate Room
【報告者・プログラム】
以下のリンクからファイルをご参照ください。
https://bit.ly/2WiPUN6
【使用言語】
英語(通訳なし)
【主催・共催】
トルコ・ヤシャル大学(Yasar University, Izmir, Turkey) 科研費 基盤研究(B)「中東の紛争地に関係する越境移動の総合的研究:移民・難民と潜入者の移動に着目して」(16H03307)
科研費 基盤研究(B)「中東・ヨーロッパ諸国間の国際政策協調と移民/難民の移動に関する研究」(17H04504)
科研費 新学術領域研究「グローバル関係学」A01班「国家と制度」(16H06547)
龍谷大学社会科学研究所・共同研究プロジェクト「中東諸国民の国際秩序観」

寄進とワクフの比較国際ワークショップ

標記の国際ワークショップを2月19日(火)に(公財)東洋文庫で開催します(科研費「寄進とワクフの国際共同比較研究:アジアから」(研究代表者三浦徹)による)。
今回は、ドイツ(ベルリン・フンボルト大学)の「寄進の比較研究プロジェクト」のメンバー(Tillman Lohse氏ら3名)を迎え、寄進とワクフの地域間比較を通じて、なぜ寄進・寄附という行為が広く見られるのか、その意味を掘り下げます。
ベルリン大学の研究プロジェクトは2017年に終了しましたが、その成果として、『中世社会における寄進百科Enzyklopaedie der Stiftungswesen in mittelalterliche Gesellschaften』 (3巻、ドイツ語)を刊行しました。19の観点(章)をたて(定義、研究動向、類型、時期区分、記述資料、物質資料、宗教上のメリットと一時的願望、記念と儀礼、慈善と教育、寄進財と収益、寄進者、受益者、組織、社会的地位、ジェンダー、空間、社会的変化、批判と改革と流動化、文化交流による刷新と模倣)、それぞれラテン・キリスト教(西欧)、ギリシア正教(ビザンツ)、ユダヤ、イスラーム、インドの地域(文化世界)における状況が論述され、各巻末には研究代表のMichael Borgolte教授によるIntercultural Perspectives(英語)という論考がついています。このプロジェクトをうけ、ブリル社から、専門誌Journal of Endowments Studiesが発刊され、3名はその編集委員です。もうひとりの招聘者Randi Deguilhemさんは、フランスCNRSの国際共同研究「ワクフ」のリーダーで3度目の来日になります。

なお、2015年に開催したワクフの比較研究のシンポジウムをもとにした論集Comparative Study of the Waqf from the Eastは、東洋文庫リポジトリERNESTに公開されていますので、ご覧ください。
https://toyo-bunko.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_snippet&meta=waqf&count=20&order=0&pn=1&st=1&page_id=25&block_id=47

今回のワークショップは、これらの成果物を下敷きに、そこに欠けている視点や事実を補いながら、議論を深めていきたいと思います。皆様のご参加をお待ちいたします。

国際ワークショップ
Encounter of Comparative Studies on Endowment in Europe and Japan
寄進の比較研究の出会い:ヨーロッパと日本

Venue:
Conference room at Toyo Bunko, Tokyo(東洋文庫7階会議室)
19 February 2019, Tuesday.
10:30
Opening Address: Toru MIURA (Research Fellow, Toyo Bunko; Professor, Ochanomizu University, Japan)
10:40-11:40
Tillmann LOHSE (Privatdozent and adjunkt, Humboldt University Berlin, Germany), “Methodological Challenges of Comparative Endowment Studies”
11:40-12:30
Zachary Ray CHITWOOD (Lecturer, Johannes Gutenberg University of Mainz, Germany), “Byzantine Foundations in the Face of the Ottoman Advance and Imperial Collapse”
12:30-13:30
Lunch Time
13:30-14:20
Jose Ignacio SANCHEZ (Research Fellow, Warwick University, Great Britain), “Waqfs as Networks in Mamluk Damascus”
14:20-15:10
Randi DEGUILHEM (Professor, CNRS, TELEMMe-MMSH/AMU, Aix-en-Provence, France), “Comparatively Speaking: Inclusion of the Idea of the Islamic Waqf within the Fondation de l’islam de France”
15:10-15:30
Tea Break
15:30-16:20
Toru MIURA, “Transregional and Interactive Comparison of the Donations in Human History”
16:20-17:00
General Discussion
Welcome Party

#資料等の準備の関係で、ご参加くださる方は、事前に三浦徹宛にメールをいただければ幸いです。会議室の席数は20名程度です。

東洋文庫へのアクセスは下記のサイトをご覧下さい。
http://www.toyo-bunko.or.jp/about/access.html
駒込駅(JR山手線・東京メトロ南北線2番出口)徒歩8分
千石駅 (都営地下鉄三田線A4番出口)徒歩7分
上富士前(都営バス上58系統・茶51系統)徒歩1分

「イスラーム圏における簿記史料の通時的・共時的研究」2018年度第8回研究会のお知らせ

「イスラーム圏における簿記史料の通時的・共時的研究」(科研費基盤(B)、代表者:高松洋一)では、2018度第8回となる研究会を、下記要領で開催いたします。
研究会では史料講読をおこないます。扱う史料は、サファヴィー朝(1501-1736)シャー・タフマースプShah Tahmasp(r. 1524-76)期に成立したギヤース・アッディーンGhiyath al-Din Abu Ishaq Kirmaniの簿記術論文です。

【日時】
2019年2月18日(月)17:00~19:00
【場所】
東洋文庫 7階 会議室3(http://www.tbias.jp/access.html
※曜日が通常と異なります。ご注意ください。
【講読史料】
Ghiyath al-Din Abu Ishaq Kirmaniによる簿記術論文(ペルシア語およびアラビア語)
【講読箇所】
第3部(daf‘a)「アワールジャ帳簿(awarja)について」
第2種(naw')「委託管理者(arbab al-tahawil)について」
Mar‘ashi 8140: 214. 処置(isti‘mal)帳簿用例 宮廷費管理官(girakyaraq)の帳簿用例(2)から
写本画像:
Mar‘ashi 8140:214- = image 109-
Majlis 6544: 97b- = image 104-
Astan-i Quds 7148: 98b- = image 102-
【担当】
渡部良子(東京大学・非常勤講師)

今回はじめて参加されるという方には、必要資料をご用意しますので、本案内文末に記した連絡先までご連絡ください。 みなさまのご参加を心よりお待ちしております。

***研究会の概略***

本研究会は、文部科学省委託事業「特色ある共同研究拠点の整備の推進事業」として東洋文庫拠点で採択された研究課題 「イスラーム圏におけるイラン式簿記術の展開:オスマン朝治下において作成された帳簿群を中心として」(2008年度-2012年度、代表:高松洋一、下記リンク参照) 、および日本学術振興会・科学研究費研究課題「イスラーム圏におけるイラン式簿記術の成立と展開」(課題番号 25284132 基盤研究(B) 研究代表者:高松洋一、2013-2016 年度)の成果をもとに、さらなるステップを目指しています。
公募研究期間に行った14世紀半ばのペルシア語簿記術指南書『簿記術に関するファラキーヤの論説』(アルマーザンダラーニー著) 訳注に引き続き、他時代の簿記術指南書の講読・内容の比較をおこない、イスラーム圏における国家財政・経済活動の基盤であり知の技術である簿記・財務技術がどのように発展・伝播・変容していったか、通時的な観察と地域間の共時的な比較研究を進めていきたいと考えています。

リンク

ご不明な点がありましたら、連絡先(khargush1969[at]gmail.com [at]を@に置き換えてください)までご連絡ください。

オリット・バシュキン氏講演会

NIHU「現代中東地域研究」AA研拠点パレスチナ/イスラエル研究会ではシカゴ大学よりオリット・バシュキンさんを招聘します。
東京での講演会と共に、京都大学でも講演を行いますので、ご案内させていただきます。

イラク・ユダヤ教徒の歴史をご専門とされるオリット・バシュキンさんには、京都ではイスラエルに移住した1950年代のイラク系ユダヤ教徒についてお話しいただきます。
MESA Book Awardを受賞したImpossible Exodus: Iraqi Jews in Israel(Stanford University Press, 2017)に基づくお話になります。
皆様のご参加をお待ちしております。

*オリット・バシュキン氏のプロフィールは以下をご覧ください。
https://nelc.uchicago.edu/faculty/bashkin

*東京での講演会(2/11)の詳細は以下をご覧ください。
https://plekn.aa-ken.jp/contents/allgroup2018.html#2018-6

何卒よろしくお願いいたします。


関西パレスチナ研究会の2018年度第3回研究会のご案内です。

東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所中東イスラーム研究拠点(人間文化研究機構「現代中東地域研究」事業)との共催で、以下の通り開催します。

【 関西パレスチナ研究会 2018年度第3回研究会 】

■日時
2019年2月16日(土) 14:00~18:00
■場所
京都大学総合研究2号館(旧・工学部 4号館)4階 AA447
地図:http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_y/(34番の建物)
■プログラム(予定)
14:00~14:20
開会挨拶・自己紹介
14:20~14:30
バシュキン氏の研究紹介:天野優(同志社大学大学院神学研究科博士後期課程、日本学術振興会特別研究員DC1)
14:30~15:30
基調報告:オリット・バシュキン(シカゴ大学教授)
タイトル:The Birth of an Israeli Arab Jew: Iraqi Jews of the 1950s
15:30~15:45
休憩
15:45~16:00
コメント:細田和江(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所特任助教)
16:00~17:30
討論
17:30~18:00
運営についての話し合い
*使用言語は英語(通訳なし)です。
*ご参加の方は、資料準備の関係上、関西パレスチナ研究会事務局のメールアドレス( palestine.kansai[at]gmail.com :[at]は@に変えてください)までご連絡ください。
*終了後に懇親会を行う予定です。
■主催:
関西パレスチナ研究会
http://kansai-palestinestudies.blogspot.jp/
■共催:
東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 中東イスラーム研究拠点(人間文化研究機構「現代中東地域研究」事業)

2018年度第4回 パレスチナ/イスラエル研究会

NIHU「現代中東地域研究」AA研拠点パレスチナ/イスラエル研究会では、シカゴ大学よりオリット・バシュキン氏を迎えて、イラクのユダヤ人に関する公開講演会を開催することになりました。
バシュキン氏は19-20世紀初頭のバグダッドのユダヤ人コミュニティの歴史や、イスラエル移民後のイラク系ユダヤ人の文学に関する研究で評価されており、2017年に出版した著書Impossible Exodusは、昨年のMESA(北米中東学会)のBook Awardを受賞しております。
大変貴重な機会ですので、ご関心のある皆さまのご来場をお待ちいたしております。
また、イスラエル移民後のイラク系ユダヤ人に関して、16日に京都大学でも講演会を開催予定です。そちらも併せてご参加ください。

2018年度第4回 パレスチナ/イスラエル研究会
公開講演会「イラクのユダヤ人」
NIHU地域研究推進事業「現代中東地域研究」
東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所(AA研)拠点

■日時:
2月11日(月・祝)13:00~16:00(開場12:30/終了後18:00まで打ち合わせ)
(*いつもより1時間開始時間が早くなっております)
■会場:
東京大学東洋文化研究所
3階会議室(文京区本郷7-3-1)
アクセス http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/access/index.html
最寄駅:本郷三丁目駅(地下鉄大江戸線)から徒歩5分
本郷三丁目駅(地下鉄丸の内線)から徒歩6分
湯島駅(地下鉄千代田線)から徒歩9分
東大前駅(地下鉄南北線)から徒歩15分
◆報告:
オリット・バシュキン氏(Dr. Orit Bashkin, University of Chicago)
"Chanting the Prayers of Moses in the Nation of Muhammad"
◆コメンテータ:
酒井啓子氏(千葉大学)
臼杵陽氏(日本女子大学)

※ 英語(通訳なし)

※研究会のメンバーで非関東圏からご出席頂き、旅費の支給をご希望される方は、1月28日までに運営事務局(info_palestine_israel@tufs.ac.jp)までご連絡ください。

主催:東京外国語大学アジア・アフリカ研究所 中東イスラーム研究拠点
(人間文化研究機構「現代中東地域研究」事業)
共催:東京大学東洋文化研究所班研究「中東の社会変容と思想運動」

ワークショップ 「装いと規範」のお知らせ

以下の要領で京都大学にてワークショップを開催します。
皆様のご参加をお待ちしています。

日時:
2019年2月9日(土)13:30-17:40
会場:
京都大学東南アジア地域研究研究所 稲盛財団記念館2階213号室(セミナー室)
https://ciras.cseas.kyoto-u.ac.jp/access/(アクセス)
趣旨:
装いは、価値観や信念、思想、規範など、目には見えないものを映し出す鏡である。その時々のファッション(流行の装い)に目を向けたとき、我々は、それぞれの時代の人々が、どのような美意識を持ち、何を大切にしていたのか、そして、どのような枠組みの中に生きていたのか、その一端を知ることができる。本ワークショップでは、現代のイスラーム圏および日本における事例を通して、装いから何が見えてくるのか、そこにおいて「現代」「国家」「イデオロギー」がどのような意味をもちうるのかを検討していく。
プログラム:
司会:
和崎聖日(中部大学)
13:30-13:40
趣旨説明
13:40-14:30
報告1 賀川恵理香(京都大学大学院)
「ヴェールを纏う女性たちの語り―現代パキスタン都市部におけるパルダ実践を事例して」
14:30-15:20
報告2 岡田晃枝(東京大学)
「『伝統』を超えて―現代トルクメン女性と民族衣装コイネック」
15:20-15:30
休憩
15:30-16:20
報告3 森理恵(日本女子大学)
「近代日本の国家主義・帝国主義とキモノ」
16:20-17:40
コメント、ディスカッション
後藤絵美(東京大学)、帯谷知可(京都大学)、酒井啓子(千葉大学)
主催:
新学術領域研究「グローバル関係学」(グローバル秩序の溶解と新しい危機を超えて―関係性中心の融合型人文社会科学の確立)B01「規範とアイデンティティ」(代表:酒井啓子)
京都大学東南アジア地域研究研究所CIRAS共同利用共同研究・個別ユニット「社会主義を経たイスラーム地域のジェンダー・家族・モダニティ」(代表:和﨑聖日)
共催:
京都大学東南アジア地域研究研究所CIRAS共同利用共同研究・複合ユニット「秩序再編の地域連関」(代表:村上勇介)
同統括プロジェクト企画研究「アジア太平洋地域における変動動態と21世紀秩序の構築」(代表:帯谷知可)
京都大学東南アジア地域研究研究所環太平洋研究ハブ形成拠点(代表:村上勇介)
詳細ウェブページ:
http://www.shd.chiba-u.jp/glblcrss/activities/activities20190113.html

中国ムスリム研究会定例会のご案内

下記のとおり、中国ムスリム研究会第35回定例会を開催いたします。
奮ってのご参加をお待ち申し上げております。
2019年2月9日(土)に中国ムスリム研究会第35回定例会を開催致します。
安藤潤一郎氏(東洋大学アジア文化研究所・客員研究員)、矢久保典良氏(千葉商科大学・非常勤講師)に日頃の研究成果をご発表いただきます。
お忙しいとは存じますが、多数の会員の皆様のご参加をお待ちしております。
なお、今回の定例会は、中央大学政策文化総合研究所プロジェクト・チーム「ユーラシアの変動と日本:移動・交流と社会文化変容」(代表:新免康氏)との共催となります。
準備の関係上、参加人数を事前に確認する必要がございます。
大変恐縮ではございますが、参加ご希望の方は2月2日(土)までに当事務局のメールアドレス(muslimsinchina*hotmail.com)へご連絡ください。
*メール送信の際は「*」を「@」に変換してください。
その際、懇親会への出欠に関しましてもお書き添えいただけましたら幸いに存じます(定例会終了後、近くのハラールレストランで懇親会を予定しております)。
お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願いいたします。

中国ムスリム研究会第35回定例会のご案内

日時:
2019年2月9日(土)14:00~18:00
場所:
東洋文庫2階講演室
*アクセス http://www.toyo-bunko.or.jp/about/access.html
プログラム
14:00~15:35
発表1(発表45分、コメント10分、質疑応答40分)
発表者:矢久保典良氏(千葉商科大学・非常勤講師)
テーマ:「日中戦争時期の中国ムスリム団体の「戦後」-政治参加をめぐる議論を中心に」(仮)
コメント:海野典子(日本学術振興会特別研究員)「中国ムスリムにとっての日中戦争:政治・コミュニティ・宗教信仰に対する影響を中心に」(仮)
15:35~15:50
休憩
15:50~17:25
発表2(発表45分、コメント10分、質疑応答40分)
発表者:安藤潤一郎氏(東洋大学アジア文化研究所・客員研究員)
テーマ:「日中戦争期華北占領地の回民社会における教育事業ー中国回教総聯合会の関連事業を中心に」
コメント:中屋昌子(近畿大学非常勤講師)「日中戦争期における回教工作の比較分析」(仮)
17:25~18:00
総合討論
懇親会:
定例会終了後、会場近くで懇親会を開く予定です。

その他、ご不明な点につきましては、中国ムスリム研究会事務局までお問合わせください。

中国ムスリム研究会事務局
2018年度幹事:海野(山﨑)典子、中屋昌子

Post-civil war Lebanon / 内戦後レバノン講演会

東京外大AA研の黒木英充です。下記の要領でレバノン内戦の戦後和解と課題に関する講演会を開催します。
レバノン内戦が終結してから30年近くが経過しようとしています。内戦は多くの死傷者を伴うだけでなく、国内外への強制移住(難民・避難民)を大規模に生み出すことで、戦後処理は非常に難しい問題を抱えることになります。この間のレバノンの取り組みを振り返って考えることは、シリア内戦の将来を見通すうえでも重要だといえましょう。

Lecture Meeting
Post-Civil War Reconciliations and Challenges in Lebanon

Time and Date:
15:00–17:00, Saturday, February 9, 2019.
Venue:
Room 306, Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa (ILCAA),
Tokyo University of Foreign Studies 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所
3-11-1 Asahi-cho, Fuchu-shi, Tokyo 183-8534
http://www.aa.tufs.ac.jp/en/about/access
Lecture by Dima de Clerck (Saint Joseph University, Beirut)
“War exit and government sponsored resettlement and reconciliations in post-war Lebanon”
Discussant:
Housam Darwisheh (Institute of Developing Economies, JETRO)
Chair:
Hidemitsu Kuroki (ILCAA, Tokyo University of Foreign Studies)
Language:
English
Participation:
Free of charge, no registration required
Contact / 連絡先:
Hidemitsu Kuroki, e-mail: kuroki@aa.tufs.ac.jp
Profile of the Lecturer:
Dr. Dima de Clerck is a fellow researcher at the Institut français du Proche-Orient (IFPO) specializing in Middle Eastern studies, a lecturer in History at the American University of Beirut (AUB) and at the Saint Joseph University (USJ) in Lebanon. She holds a PhD in History from the Université Paris 1 Panthéon-Sorbonne where she occasionally gives lectures, an MA from the Institut des langues et civilisations orientales (INALCO, Paris) in Middle Eastern Studies. She is the coeditor of a book: 1860: History and Memory of a Conflict and the author of several published and forthcoming articles.
Profile of the Discussant:
Dr. Housam Darwisheh is a researcher at Institute of Developing Economies, JETRO, Japan, specializing in Middle East politics. His publications include “Ruling against Revolution: The Judiciary and the Restoration of Authoritarianism in Egypt,” IDE Middle East Review 5, 2018; “Violent Extremism in the Middle East and North Africa, Revisiting Conditions and Rethinking Solutions,” IDE Middle East Review 4, 2016; “Deciphering Syria’s Power Dynamics and Protracted Conflict,” in The Middle East Turmoil and Japanese Response, ed. Hitoshi Suzuki (Chiba: IDE, 2013).

This meeting is cosponsored by JSPS Grant-in-Aid for Scientific Research Project “Syrian Civil War in Comparison with Lebanese and Yugoslavian Civil Wars” and ILCAA Core Project “Political, Social and Cultural Polarization and its Backgrounds in the Middle East and the Muslim World.”

中東の少数派の思想に関する研究会

東京大学中東地域研究センターでは、下記のスケジュールで、中東の少数派の思想・運動に関する研究会を開催いたします。
皆様のお越しをお待ちしております。

イベント名:中東の少数派の思想・運動に関する研究会
日時:
2019年2月9日(土)15:00~17:05
会場:
東京大学駒場キャンパス18号館1階メディアラボ2
プログラム:
15:00
趣旨説明(高橋英海:東京大学)
15:10
発表1(高橋英海) シリア・キリスト教の伝統における「エキュメニズム」
16:00
休憩
16:15
発表2(近藤洋平:東京大学) 近現代オマーンのイバード派における他宗派理解
各発表とも30分の発表と20分の質疑から構成されます。
主催:
科研費基盤研究(B) 中東地域を中心とするイスラーム圏の宗教・民族・社会的多様性に関する総合的研究(代表:東京大学・高橋英海)
共催:
東京大学中東地域研究センター
問い合わせ先:
東京大学中東地域研究センター(03−5465−7724、参加の事前連絡は不要です)

シンポジウム 「日本のイスラームとクルアーン」の開催

本件は一部改訂されたので、再度ご案内をさせていただきます。(2019年1月21日)

テロなど時事的な勢いが退く中、正面から宗教としてのイスラームに関心が傾きつつある。このような潮目の変化を背景として、本シンポジウムにおいては、日本におけるイスラームとクルアーン、さらにイスラーム学の現状を分析し、今後の展望を得ることを目的とする。なおクルアーンの新訳(『クルアーンーやさしい和訳』水谷周監訳著・杉本恭一郎訳補完)が2月初めに出る予定であり、それは当日配布する。

日時:
2019年2月9日(土)13:30~17:00
場所:
東京大学東洋洋文化研究所3階大会議室
講演:
開会挨拶 長沢栄治 東京大学教授         5分
講師 水谷 周 イマーム大学アラブ イスラーム学院学術顧問
「クルアーン和訳と日本のイスラーム」 30分
大川玲子 明治学院大学教授
「世界のクルアーン解釈と日本」    同上
休憩
10分
塩尻和子 東京国際大学教授、筑波大学名誉教授
「日本のイスラーモフォビア」     30分
四戸潤弥 同志社大学教授
「イスラーム学と日本のイスラーム」  同上
林 純子 東京弁護士会外国人の権利に関する委員会副委員長
「日本のイスラームー法曹界から」   同上
質疑応答
35分
締めくくりと閉会の挨拶 徳増公明 日本ムスリム協会会長
10分
司会
杉本恭一郎 (NPO法人)千葉イスラーム文化センター理事長
共催:
東京大学東洋文化研究所班研究「中東の社会変容と思想運動」
(宗)日本ムスリム協会

参加につき事前登録不要。会場の収容人員は約80名です。
連絡先:
長沢 nagasawa@ioc.u-tokyo.ac.jp
水谷 makmizu123@hotmail.com

AA研共同利用・共同研究課題「イスラーム聖者廟の財産管理に関する史料学的研究:イラン・サファヴィー朝祖廟を事例として」公開研究会のご案内

東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所共同利用・共同研究課題「イスラーム聖者廟の財産管理に関する史料学的研究:イラン・サファヴィー朝祖廟を事例として」は,2018年度の公開研究会を以下の要領で開催します。皆様のご参加をお待ちしております。

◇日時・場所
日時:
2019年2月9日(土)13:30―18:00
場所:
東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所会議室(304)
交通情報
http://www.aa.tufs.ac.jp/ja/about/access
※ 事前申込不要
※ 本研究会に関するお問い合わせ先:khargush1969[at]gmail.com
◇プログラム
13:30―14:00
はじめに(趣旨説明)
渡部良子(東京大学)「イスラーム社会史史料としてのサフィー廟寄進地記録の重要性の再検討:‘Abdi Beg編Sarih al-Milk 2写本(17世紀?18世紀初)に注目して」
14:00―16:30
研究発表
14:00―14:35
後藤裕加子(関西学院大学)「サファヴィー朝前期の文人官僚 アブディー・ベクとその著作」
14:35―15:10
小野浩(京都橘大学)「サファヴィー家に関わる君主勅令」
15:10―15:20
休憩
15:20―15:55
高木小苗(早稲田大学)「14世紀アルダビール地方の一村落の変遷:Sarih al-Milkと関連文書の比較検討を通して」
15:55―16:30
阿部尚史(お茶の水女子大学)「19世紀のSarih al-Milk」
16:30―16:40
休憩(10分)
16:40―17:10
コメント
高松洋一(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所)
17:10―18:00
総合討論
◇研究会趣旨
イスラーム圏の社会において、聖者廟はしばしば大きな富を蓄積し、社会・文化・経済の中心として重要な役割を担った。イスラーム法に基づくワクフ(寄進)により集積された聖者廟の財産は,政治権力による庇護,地域社会との関係,様々な法・社会制度・慣行の利用など,政治・法・経済の多様な制度・慣行が絡まり合う中で保全され,聖者廟の活動を支えてきたと考えられる。聖者廟が築いた財産管理のシステムと戦略に光を当てることは,聖者廟の活動を支えた財政基盤のあり方を明らかにするのみならず,聖者廟を取り巻く行財政・法・経済制度と,その時代的変遷を知る手がかりになるだろう。
テュルク・モンゴル系遊牧王朝の覇権の下,タリーカが大きな政治・社会的影響力を持ったイラン高原では,財力と独立的勢力を持つ聖者廟も登場した。特に,現代イランの原型を形成することになるシーア派王朝サファヴィー朝(16?18世紀)以降,シーア派イマーム廟,シーア派イマームの係累とされる聖者廟(イマームザーデ)が特別な重要性を帯びて発展し,現代社会においても大きな存在感を放っている。これらイランにおける聖者廟の財政基盤・財産管理システムの研究は,第8代イマーム・レザー廟,テヘランのイマームザーデ,シャー・アブドゥルアズィーム廟など,近年大きく進展しつつある。
このようなイラン高原の聖者廟の中でも,とりわけ独自の歴史を持つのが,サファヴィー朝の起源となったサファヴィー教団名祖シャイフ・サフィー廟(イラン北西部アルダビール州アルダビール,2010年UNESCO世界遺産登録)である。14世紀初の成立以降,政治権力・地域社会との密接な結びつきを通して多数の寄進地を獲得し,サファヴィー朝下では王朝祖廟としての特殊な地位を享受し,同朝滅亡後は衰退しつつも近代までその活動を維持したサフィー廟は,中世?近代のイラン高原の歴史の展開を直接的に反映した聖者廟の歴史を伝える貴重な事例といえる。その寄進地目録としてサファヴィー朝期の16,17世紀に編纂された寄進地記録sarih al-milkは,サファヴィー朝成立の歴史的背景,サファヴィー朝によるサフィー廟庇護政策を伝える重要な史料として,先学により研究されてきた。しかし,これら寄進地記録がワクフの正当性を示すイスラーム法文書集成というその本来の性格から,どのように編纂され,利用されてきたのか,その機能的特徴と史料的可能性を総合的に明らかにする試みは,まだ十分行われているとは言えない。サフィー廟に保管されたイラン最古の文書群サフィー廟文書の目録化,レザー廟財務帳簿史料の研究の進化など,シーア派聖者廟の財産管理に関わる史料の発掘・研究可能性が確実に広がりつつある現在,最も古い聖者廟財産管理関連史料の1つであるサフィー廟寄進地記録を,中世から近世にかけてイラン高原に形成された行財政・法制度・慣行,寄進地管理制度の中に位置づけ再検討することは,重要な意義を持つだろう。
本共同研究(2018?2020年度)は,このような問題関心から,寄進地記録を中心とするサフィー廟の財産管理史料を総合的な研究を目指している。初年度は,サファヴィー朝初期16世紀編纂の寄進地記録として有名な‘Abdi Beg編sarih al-milkを取り上げ,これまでにも多くの研究に利用されてきたこの作品のデータベース化に取り組んだ。本研究会では,‘Abdi Beg編sarih al-milkの全体像,編纂の時代的背景,歴史研究におけるその史料的価値,そして改訂により長期的に持続したその役割をテーマに,サフィー廟寄進地記録の研究可能性に新たな光を当て,今後の研究可能性を探ることを目指す。

アジアを知る―『この土地にわが墓所がある』―レバノン内戦の記憶と記録のお知らせ

2018年2月8日(金)17:30より、東京大学東洋文化研究所で、以下のシンポジウムを開催します。
ドキュメンタリー映画を上映した後、来日中の監督にご登壇いただきます。
大変貴重な機会となっています。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

https://asnet-utokyo.jp/studies/event/5003

シンポジウム:アジアを知る
『この地にわが墓所あり』――レバノン内戦の記憶と証言

Symposium: Knowing Asia
In this land lay graves of mine: Memories and Testimonies of The Lebanese Civil War

主旨:
戦争や戦時暴力の記憶にいかに向き合うかは、現代において重要な問題の一つです。内戦下など、誰もが、時には顔見知りの関係であっても、被害者や加害者になることもあります。
本シンポジウムでは、戦争や戦時暴力の問題と向き合うため、そして、今まさに内戦下にあるシリアの将来を考えるために、その隣国のレバノンに目を向けます。レバノン内戦の終結後四半世紀を経て、その記憶がいかに語られているのかを、証言映像とともに見ていきたいと思います。
日時/Date
2019年2月8日(金)17:30-20:30(17時開場)
Friday, February 8th, 5:30 pm- 8:30 pm
会場/Venue
東京大学東洋文化研究所3階大会議室
Main Conference Room, 3rd floor, Institute for Advanced Studies on Asia, The University of Tokyo
プログラム
司会:
ケイワン・アブドリ(神奈川大学)
17:30
開会の言葉(後藤絵美 東京大学)
17:40
解説(黒木英充 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所)
18:00
ドキュメンタリー映画「In This Land Lay Graves of Mine」上映開始
(110分、Reine Mitri監督作品、、アラビア語音声、英語字幕)
19:50
休憩
20:00
レーン・ミトリー監督を迎えて
20:30
閉会の言葉(長沢栄治 東京大学)
監督紹介
レーン・ミトリー Reine Mitri
レバノン生まれの映画監督・プロデューサー・文筆家。レバノン、特にベイルートの社会変化に注目しつつ、人々の記憶を問う映画を製作している。今回の上映作品のほかに、Lost Paradise (2017)、Vulnerable (2009)、The sound of footsteps on the pavement (2004)などのドキュメンタリー作品がある。
上映作品紹介
In this land lay graves of mine (2014, Lebanon, France, Qatar, UAE) 110 min.
レバノン内戦(1975ー90年)のなかで、虐殺と強制移住は、キリスト教徒・ムスリム、レバノン人・パレスチナ人を問わず多くの人に降りかかった。様々な立場の内戦経験者の証言と記憶をもとに、今日もなお人々が不安にとらわれ、人口移動と土地所有の問題が宗派主義的に語られる現実と、そこで抱える人々の苦悩を描き出す。
主催:
科研費基盤研究(B)
シリア内戦の比較研究―レバノン・旧ユーゴスラビアの内戦と戦後和解(代表:東京外国語大学・黒木英充)
科研費基盤研究(A)
イスラーム・ジェンダー学の構築のための基礎的総合的研究(代表:東京大学・長沢栄治)
東京大学 日本・アジアに関する教育研究ネットワーク
共催:
中東映画研究会
東京大学 東洋文化研究所・班研究「中東の社会変容と思想運動」
東文研東洋学研究情報センター・セミナー

詳細はこちらをご覧ください
https://asnet-utokyo.jp/studies/event/5003

シンポジウム「新たな政治経済地図」

来年2月6日に宇都宮大学におきまして、中東のエネルギー資源に関する議論やレンティア国家論でも広く知られるルキアーニ教授をお招きし、以下の要領で公開シンポジウムを開催いたします。皆様のご来場をお待ちしております。

公開シンポジウム「新たな政治経済地図:エネルギー資源、移民、政治経済的地域統合」

• 日時・会場
• 日時:
2019年2月6日(水) 13:00~16:30
• 会場:
宇都宮大学峰キャンパス 峰が丘講堂
• 定員200名、同時通訳あり、参加費無料、参加登録あり
https://cscenter.co.jp/glblcrss-sympo2019/
• シンポジウム趣旨
• 21世紀に入り、グローバル化の進行によって、国家や地理的に規定された従来の地域を超えて共通・連動する諸問題が増えています。20世紀までの主権国家とそれを軸とした国際社会という近代社会科学的「常識」が崩壊し、社会の安定と発展を確保してきた諸制度が機能不全に陥っています。このような「新しい危機」に、我々はいかに対応できるのでしょうか。本シンポジウムでは、エネルギー資源の転換、国際移民、政治経済的地域統合という今日の我々の世界を揺るがす問題を通して、我々の未来を考えていきます。
• 登壇者
• ジャコモ・ルキアーニ教授(ジュネーヴ国際開発高等研究所)「エネルギー移行における炭素資源の役割」
• 松尾昌樹准教授(宇都宮大学)「移民が果たす政治的機能:中東の事例から」
• 石戸光教授(千葉大学)「エネルギーと政治経済的地域統合:東南アジアを事例に」
• 共催
宇都宮大学国際学部
文部科学省科学研究費補助金 新学術領域研究「グローバル関係学」計画研究A02 政治経済的地域統合(課題番号:16H06548)
• 本シンポジウムに関する問い合わせ先
TEL:075-241-9620 FAX:075-241-9692
Email:glblcrss-sympo2019@cscenter.co.jp

Workshop "Syrian Civil War"

2月2日開催・国際ワークショップ「シリア内戦ーレバノン内戦・ユーゴスラビア内戦との比較の視点」のお知らせです。
ご関心のある方はふるってご参加ください。主旨文も含めて詳しくは次をご覧ください。
http://meis2.aacore.jp/report/symposiums/20190202_International_Workshop_program.pdf

The following is the announcement of International Workshop "Syrian Civil War: Comparative Perspectives with Lebanese and Yugoslavian Civil Wars" The organizers are looking forward to your coming!

Date:
Saturday, February 2, 2019.
Time:
13:30 - 18:00
13:30 - 18:00
 
The Library Hall, Izumi Campus, Meiji University (明治大学和泉キャンパス図書館ホール)
1-9-1 Eifuku, Suginami-ku, Tokyo 168-8555, JAPAN
http://www.meiji.ac.jp/cip/english/about/campus/iz_campus.html
http://www.meiji.ac.jp/cip/english/about/campus/index.html
 
Contents of the meeting:
 
  1. Hidemitsu Kuroki (ILCAA, Tokyo University of Foreign Studies)
    “Preamble: Syrian civil war in comparative perspectives”
  2. Dima de Clerck (Saint Joseph University, Beirut)
    “The war on civilians: Living and surviving on a daily basis during a ‘civil’ war”
  3. Danilo Mandić (Harvard University)
    “War, camps, and Syrian refugees: Precedents and politics”
  4. Karim Makdisi (American University of Beirut)
    “Reflecting international order: United Nations interventions during the Lebanese and Syrian civil wars”
  5. Andrey Edemskiy (Institute for Slavic Studies, Russian Academy of Sciences, Moscow)
    “Russia’s foreign policy from passive embedding into the unipolar world to active actions in a multipolar international community:The example of post-Yugoslav space and Syria (1991 ‒ the present)”
  6. Comments by Tetsuya Sahara (Meiji University) followed by general discussion
 
Chair:
 
Kenichiro Takao (ILCAA, Tokyo University of Foreign Studies)
 
Language:
 
English
 
Contact:
 
Hidemitsu Kuroki, e-mail: kuroki@aa.tufs.ac.jp
 

As for the details of the program and the meeting's introduction, please refer to
http://meis2.aacore.jp/report/symposiums/20190202_International_Workshop_program.pdf

特別講演会「中世ユーラシアのイスラーム都市」のご案内

2019年2月2日(土)に、Felix Arnold博士(ドイツ考古学研究所)とMichele Bernardini教授(ナポリ東洋大学)をお迎えし、特別講演会「中世ユーラシアのイスラーム都市」を京都大学・ユーラシア文化研究センター(羽田記念館)にて開催します。

皆様のご参加をお待ちしております。

*本特別講演会は、新学術領域研究「都市文明の本質」計画研究05「中世から近代の西アジア・イスラーム都市の構造に関する歴史学的研究」の一環です。同領域研究・計画研究については、HPをご覧ください。
http://rcwasia.hass.tsukuba.ac.jp/city/seminar/index.html

ユーラシア文化研究センター(羽田記念館)特別講演会
中世ユーラシアの「イスラーム都市」

(新学術領域研究「都市文明の本質」計画研究05 第七回研究会)

日時
2019年2月2日土曜日 午後2時より
場所
京都大学大学院文学研究科附属ユーラシア文化研究センター(羽田記念館)
〒603-8832 京都市北区大宮南田尻町13 TEL 075-491-6027
講演
Madīnat al-Zahrā’ (Spain): a caliphal city of the tenth century
Felix Arnold氏(ドイツ考古学研究所:マドリード)
司会・紹介:深見奈緒子氏(日本学術振興会)
Ghazni during the Qarawunas period: 1300-1370 ca.
Michele Bernardini氏(ナポリ東洋大学)
司会・紹介:守川知子氏(東京大学)

※聴講は無料です。
※講演は英語で行われます(通訳はありません)。
※講演会終了後、同会場で懇親会を予定しています。お気軽にご参加ください(一般2000円、学生1000円)。

ポスターは↓からダウンロードいただけます。
https://www.bun.kyoto-u.ac.jp/wp-content/uploads/A402C.pdf

お問い合わせはこちらまで:eurasia-haneda@bun.kyoto-u.ac.jp

1月

Gökhan Çetinsaya教授 (Istanbul Şehir University)講演会のお知らせ

1月31日(木)に、イスタンブル・シェヒル大学教授のギョクハン・チェティンサヤ氏をお迎えして、特別講演会を開催いたします。 チェティンサヤ氏は19~20世紀のオスマン朝政治史やトルコの外交史をご専門とされ、主著に、アブデュルハミト2世期のイラク行政を扱ったOttoman Administration in Iraq, 1890-1908 (London: Routledge, 2006)があります。

日時:
2019年1月31日(木) 16:30-18:30
会場:
東京大学本郷キャンパス、法文2号館第三会議室
https://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_01_02_j.html
講演者:
Professor Gökhan ÇETINSAYA (Istanbul Şehir University)
講演題目:
“Ottoman rule in Iraq under Abdulhamid II”

*講演は英語で行われます。事前申し込みは不要です。
皆様のご参加をお待ちしております。

*本講演会は、新学術領域研究「都市文明の本質」計画研究05「中世から近代の西アジア・イスラーム都市の構造に関する歴史学的研究」の一環です。同領域研究・計画研究については、HPをご覧ください。
http://rcwasia.hass.tsukuba.ac.jp/city/seminar/index.html

Tomas Wilkoszewski氏研究講演会(1/31・民博)開催のお知らせ

この度、在外ウイグル人の人類学的研究をなされているTomas Wilkoszewski氏をお招きし、下記要領にて研究講演会”Uyghurs in Turkey: migration and skills”を開催いたします。会場準備のために事前申込制となっております。皆様のご参加をお待ちしております。また、1月26日には早稲田大でも別テーマで講演していただきますので、ご関心のある方は別信の案内もご覧ください。

研究講演会 ”Uyghurs in Turkey: migration and skills 2”

・日時:
2019年1月31日(木)16時~17時45分
・発表者:
Tomas Wilkoszewski氏(マッコーリー大学/オーストラリア)
・タイトル:
Uyghur Medical Practitioner in Turkey: Pluralistic Healing Modalities and Intersubjectivity(英語・通訳なし)
・場所:
国立民族学博物館2F 第6セミナー室
・地図:
http://www.minpaku.ac.jp/museum/information/access
・発表要旨:
Introducing their biographical and professional backgrounds as a starting point I will discuss attempts of Uyghur medical practitioners in Istanbul and Kayseri to enter the emerging market of alternative medicine in Turkey. Applying holistic medical practices that cover a broad scope from herbal expertise to the revitalization of a traditional Uyghur medicine they are trying to attract a multi-ethnic clientele interested in alternative healing processes. Looking at the perceptions of the patients by taking not only the individual experience, but also the dimension of intercorporeality and intersubjectivity into account, I will furthermore discuss the interactional level of the patient-doctor relationship and the creation of meaning.
・申込方法:
会場準備のため、下記URLより参加申し込みをお願いいたします。
https://goo.gl/forms/hVOt5yKRCfC3Ixvk2
主催・共催:
科学研究費補助金・研究活動スタート支援「テュルク系ディアスポラの多地域・多言語的ネットワークと20世紀世界史」(代表・小野亮介)
NIHU現代中東地域研究 国立民族学博物館 現代中東地域研究拠点
同 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 中東イスラーム研究拠点
NIHU北東アジア地域研究 国立民族学博物館 北東アジア地域研究拠点

フェリックス・アーノルド博士ご講演「Madinat al-Zahra (Córdoba, Spain): Recent discoveries」のお知らせ

来たる2019年1月30日、Felix Arnold博士をお招きし、以下の要領で講演会を開催いたします。
参加自由、事前登録不要です。皆様のご来場を心よりお待ちしております。

日時:
2019年1月30日(水)16:00〜18:00
場所:
東京大学東洋文化研究所3階大会議室
http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/access/index.html
講演者:
Felix Arnold博士(マドリード・ドイツ考古学研究所上席研究員)
講演題目:
Madinat al-Zahra (Córdoba, Spain): Recent discoveries in the caliphal city
講演者ならびに講演の概要について:
フェリックス・アーノルド博士は、エジプトおよびスペイン各地のドイツ隊発掘をリードしてきた考古学者です。2000年にカールスルーエ工科大学にて博士号を取得されたのち、マドリード・ドイツ考古学研究所、カイロ・ドイツ考古学研究所、ハーバード大学で研究員を歴任され、現在は、マドリード・ドイツ考古学研究所の上席研究員として、後ウマイヤ朝の首都・マディーナ・アッ=ザフラー(936年創立)の発掘の隊長を務められています。本講演会では、2018年に世界遺産として新たに登録されたことが記憶に新しい同都市における、近年の発掘の成果についてお話しいただきます。

“Madinat al-Zahra (Córdoba, Spain): Recent discoveries”
Madinat al-Zahra was founded in 936 CE near Córdoba (Spain) as the capital of the Umayyad caliphate. Abandoned already in the early 11th century, the city is today one of the most important archaeological sites of the Islamic culture in the Western Mediterranean region and since 2018 a World Heritage site. The German Archaeological Institute and the Junta de Andalucía are currently conducting a joint five year project that focuses on the investigation of the so called Plaza de Armas. The 115 m wide and 150 m long plaza was located in front of the palace gate. In 2017 a great portico was documented which constituted the façade of the caliphal palace. This year, an administrative complex was discovered on the opposite side of the plaza, including a reception hall constructed on a platform. The hall appears to have been designed according to Abbasid prototypes and highlights the Abbasid influence on the architecture of Madinat al-Zahra. A large scale geomagnetic survey has furthermore revealed detailed information on the design of the palace garden. In the lecture, Felix Arnold will present the results of the recent excavations and present an overview of the development of Madinat al-Zahra over time.

※ご発表は英語でなさいます。通訳はつきません。
※参加自由、事前登録不要です。皆様のご来場を心よりお待ちしております。

共催:
東京大学東洋文化研究所班研究「イスラーム美術の諸相」(http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/project/group/group.php?id=W-5
平成30–34年度 文部科学省科学研究費補助金 新学術領域研究(研究領域提案型)『都市文明の本質:古代西アジアにおける都市の発生と変容の学際的研究』研究項目C01「中世~現代の西アジア都市」計画研究5「中世から近代の西アジア・イスラーム都市の構造に関する歴史学的研究」(http://rcwasia.hass.tsukuba.ac.jp/city/projects/c01.html

問い合わせ先:masuya(at)ioc.u-tokyo.ac.jp

国際研究集会 "Baghdad, a 1400 year old capital city in West Asia"開催のお知らせ

2019年1月29日(火)に、国内外の研究者をお招きして、下記の要領で国際研究集会を開催します。奮ってご参加ください。

詳細は下記ホームページをご覧ください。

日本語版:
新学術領域研究「都市文明の本質」 【C01-計画研究05 第3回研究会】
http://rcwasia.hass.tsukuba.ac.jp/city/seminar/index.html
English version:
MEXT Grant-in-Aid for Scientific Research "The Essence of Urban Civilization"  【C01-Research Group 05 3rd Workshop】
http://rcwasia.hass.tsukuba.ac.jp/city_EN/seminar_EN/index_EN.html

The International Workshop: "Baghdad, a 1400 year old capital city in West Asia”

日時:
2019年1月29日(火) 10:00~17:30
会場:
東京大学本郷キャンパス、法文2号館・教員談話室
https://www.u-tokyo.ac.jp/content/400020145.pdf
趣旨説明
Tomoko MORIKAWA (The University of Tokyo)
司会:
Nobutaka NAKAMACHI (Konan University)
・Yasuyoshi OKADA (Kokushikan University)
“Ctesiphon - Its architectural performance in the context of the Sassanian capital”
・Naoko FUKAMI (JSPS Research Station, Cairo)
"Re-thinking the round fortified city of Baghdad from the urban history of West Asia"
司会:
Minoru INABA (Kyoto University)
・Michele BERNARDINI (University of Naples "L'Orientale")
“Baghdad and Tabriz: Two capitals for one kingdom”
・Gökhan ÇETINSAYA (Istanbul Şehir University)
“The notables of Baghdad in the late Ottoman rule”
総合討論
Felix ARNOLD (German Archeological Institute, Madrid)
Akihiko YAMAGUCHI (University of the Sacred Heart)

*発表はすべて英語で行われます。
*事前申し込みは不要です。
*研究会終了後に、山上会館にてレセプション(18:00~20:00)を行います。レセプション参加を希望される場合は、1月21日(月)までに、守川(tomomo[at]l.u-tokyo.ac.jp)までご連絡ください。

本研究会は、新学術領域研究「都市文明の本質:古代西アジアにおける都市の発生と変容の学際研究」(代表:山田重郎先生)にかかる計画研究05「中世から近代の西アジア・イスラーム都市の構造に関する歴史学的研究」の一環です。同領域研究・計画研究につい0ては、HPをご覧ください。
http://rcwasia.hass.tsukuba.ac.jp/city/seminar/index.html

イスラーム地域研究・若手研究者の会1月例会

来る1月26日(土)、イスラーム地域研究・若手研究者の会1月例会を開催いたします。 1月例会の報告は、早稲田大学教育・総合科学学術院助手の沈雨香さんにお願いしました。
本報告では、中東湾岸諸国における女性の高学歴化の現状を各国の政府や国際機関の統計データを用いて確認したうえで、先行研究から導き出された理論枠組みとの比較を通して、中東湾岸社会ならではの特質とその背景について考察していただく予定です。

これまで以上の多数の皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

*資料代:200円

日時:
1月26日(土)14:00~17:30
会場:
早稲田大学 戸山キャンパス31-02教室
発表者:
沈雨香(早稲田大学 教育・総合科学学術院 助手)
題目:
「中東湾岸諸国における女性の高学歴化の現状とその特質について」
コメンテーター:
後藤絵美(東京大学 日本・アジアに関する教育研究ネットワーク 特任准教授)

イスラーム地域研究・若手研究者の会ホームページ: http://islamkokkaron.sakura.ne.jp/

Tomas Wilkoszewski氏研究講演会(1/26・早稲田)開催のお知らせ

この度、在外ウイグル人の人類学的研究をなされているTomasWilkoszewski氏をお招きし、下記要領にて研究講演会”Uyghurs in Turkey: migration and skills”を開催いたします。会場準備のために事前申込制となっております。皆様のご参加をお待ちしております。また、1月31日には民博でも別テーマで講演していただきますので、ご関心のある方は別信の案内もご覧ください。

研究講演会 ”Uyghurs in Turkey: migration and skills 1”

・日時:
2019年1月26日(土)16時~18時
・発表者:
Tomas Wilkoszewski氏(マッコーリー大学/オーストラリア)
・タイトル:
Migration, Food and Agency: The Uyghur Cuisine in Turkey(英語・通訳なし)
・コメント:
櫻田涼子氏(育英短期大学)
・場所:
早稲田大学早稲田キャンパス3号館809教室
・地図:
https://www.waseda.jp/top/access/waseda-campus
http://www.waseda.jp/student/koho/15_campusmap_2018.pdf
・発表要旨:
Based on my fieldwork among Uyghur immigrants in Turkey I will talk about the connection between migration, food and agency. Food not only plays an important role in the Uyghur’s home building, the preparation of food is also a skill that enables migrant groups gaining a livelihood in the host country introducing a specific Uyghur cuisine to Istanbul's gastro map. Garnished with examples from Istanbul, I will furthermore discuss the narration and the preparation of food as processes of remembering a past from the home country and argue that cooking can create a sense of agency while extending an everyday life activity into the realm of political discourses.
・申込方法:
会場準備のため、下記URLより参加申し込みをお願いいたします。
https://goo.gl/forms/hVOt5yKRCfC3Ixvk2
主催・共催:
科学研究費補助金・研究活動スタート支援「テュルク系ディアスポラの多地域・多言語的ネットワークと20世紀世界史」(代表・小野亮介)
早稲田大学人間科学学術院アジア社会論研究室
中央大学政策文化総合研究所・分科会
中国ムスリム研究会

研究会「植民地期アルジェリアにおけるウラマーとスーフィー教団再考:社会経済的変容と政治文化的思想(Reconsiderer les ‘ulama’ et les confreries religieuses en Algerie a l’epoque coloniale: Les transformations socioeconomiques et les idees politico-culturelles)」のご案内

来る1月20日、上智大学・アジア文化研究所では、植民地期アルジェリアにおけるウラマー(イスラーム知識人)とスーフィー教団の関係を再考するワークショップを開催します。アーネスト・ゲルナーの『イスラム社会』(原著1981年)および『民族とナショナリズム』(同1983年)におけるウラマー/聖者の二項対立的な図式化への批判、アルジェリアのイスラーム改革主義運動の都市と農村における展開や、スーフィー教団内部の改革主義やナショナリズムの台頭を議論します。
ナショナリズム、イスラーム改革主義、植民地主義の問題に敷衍しつつ、アルジェリアの歴史的事例を検討する貴重な機会ですのでぜひお越しください。

日時:
2019年1月20日 13時~18時30分
テーマ:
「植民地期アルジェリアにおけるウラマーとスーフィー教団再考:社会経済的変容と政治文化的思想(Reconsiderer les ‘ulama’ et les confreries religieuses en Algerie a l’epoque coloniale: Les transformations socioeconomiques et les idees politico-culturelles)」
会場:
上智大学6号館406室
使用言語:
フランス語(通訳なし)
報告者:
①渡邊祥子(アジア経済研究所)≪ La dichotomie ‘ulama’/ marabouts en question: Peut-on appliquer la theorie d’Ernest Gellner du nationalisme et du reformisme a l’Algerie coloniale? ≫
②Kamel Chachoua (IREMAM, France), ≪ Le projet de reforme des Zawiyas kabyle, par le cheikh Ibnou Zakri ( 1852-1914), Mufti de la grande mosquee d'Alger, auteur d’une epitre sur ≪ awdhah al dalail ala wujub islah al zawaya bi bilad al qabail ≫ publiee a Alger en 1902 ≫
③Afaf Zekkour ( Universite Hassiba Benbouali, Chlef, Algerie), ≪ Les enjeux socio-economique des islahistes du departement d’Alger : une confrontation entre centres urbains et zones rurales 1931-1956 ≫
④私市正年 (上智大学), ≪ L’etablissement de l’etat-nation algerien: l'alliance et de la convergence des deux nationalismes -- le mouvement nationaliste culturel et le mouvement nationaliste politique -- ≫
共催:
上智大学イスラーム研究センター(SIAS)、上智大学アジア文化研究所、日本学術振興会科学研究費16K16928「イスラーム改革主義の大衆的基盤についての研究:20世紀半ばのアルジェリアを事例に」(研究代表者:渡邊祥子)、同17K03143「ザーウィヤのイスラーム教育とアルジェリア独立運動へのイデオロギー的影響の研究」(研究代表者:私市正年)

*なお、準備の都合上、ご出席を希望される方は、上智大学・イスラーム研究センターまでEメール等でお名前とご所属をお知らせください。
宛先: ias-iac@sophia.ac.jp

上智大学イスラーム研究センター
〒102-0081 東京都千代田区四番町4
上智大学市ヶ谷キャンパス研究棟5階511号室
TEL&FAX: 03-3238-4073
<ias-iac@sophia.ac.jp>
http://dept.sophia.ac.jp/is/SIAS/index.html

「現代ムスリム社会における風紀・暴力・統治」2018年度第2回研究会

文科省科学研究費補助金・基盤研究(B)「現代ムスリム社会における風紀・暴力・統治に関する地域横断的研究」は、2018年度第2回研究会を以下の要領で行います。
いずれも中東地域に関する報告ではありませんが、社会において宗教的諸価値・規範の実現を目指す(ないしは防ぐ)試みや状況を取り上げる点で、中東地域のイスラーム主義やジェンダー・イシューなどを考察するための多角的な視座を養う貴重な機会になると思われます。関心あられる方のご参加をお待ちしています。

1 日時
2019年1月19日(土曜)14時30分~18時
※開場:14時(14時までは非公開の打ち合わせ)
2 場所
【訂正版】筑波大学東京キャンパス文京校舎 431会議室
※東京メトロ丸ノ内線茗荷谷駅下車「出口1」徒歩3分程度
※アクセス・キャンパスマップ
http://www.office.otsuka.tsukuba.ac.jp/wp/location/
東京大学東洋文化研究所 3階 大会議室
※アクセス・キャンパスマップ
http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/access/index.html
3 プログラム
(1)研究報告1
報告題:「愛国・愛教・面子:「剪髪」議論に見る辛亥革命期の華北ムスリム社会」
報告者:海野 典子(日本学術振興会・特別研究員(PD)/中央大学)
概要:本報告は、辛亥革命期の華北ムスリムが展開した辮髪切除に関する議論を分析することによって、愛国・愛教・面子という価値観をめぐるムスリム同士および中国社会との緊張関係を読み解く。
(2)研究報告2
報告題:「コシェル・ミート・ボイコット運動(1902年)再考ー米国ユダヤ人女性アクティヴィズムと変容するJudaism解釈ー」(仮)
報告者:石黑 安里(同志社大学・特任助教)
概要:本報告は1902年にニューヨーク市で起きたコシェル・ミート・ボイコット運動から、公共空間へと活動の場を広げたユダヤ人女性によるアクティヴィズムについて、Judaismの文脈から考察する。
(3)研究報告3
報告題:「戒律なき仏教の規律―近現代日本の場合―」
報告者:碧海 寿広(龍谷大学アジア仏教文化研究センター・博士研究員)
概要:仏教の生活規律である戒律が、日本では歴史的に機能不全である。日本仏教は、代わりに何を規律にしてきたか。近現代を中心に考察する。
※各研究報告の時間は、個別の質疑応答を含めて1時間程度を予定しています。
4 参加申し込み
資料準備の都合上、参加をご希望の方は事前に下記のメールアドレスに一報いただければ幸いです。 高尾賢一郎:takaokncr★gmail.com(★を@に変えてください)
主催:
文科省科学研究費補助金・基盤研究(B)「現代ムスリム社会における風紀・暴力・統治に関する地域横断的研究」(代表:高尾賢一郎)
共催:
文科省科学研究費補助金・若手研究「近現代イスラームにおける「排除」と知識人に関する研究」(代表:後藤絵美)

第11回オスマン文書セミナーのご案内

東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所(AA研)では、基幹研究「中東・イスラーム圏における分極化とその政治・社会・文化的背景」(代表:黒木英充)の事業の一環として、2019年1月12日(土)と13日(日)に第11回オスマン文書セミナーを開催します。研究上、オスマン朝下で作成されたさまざまな手書きの文書や帳簿を読む必要のある方を中心に、広くイスラーム史を研究される方のご参加をお待ちしております。ただしオスマン・トルコ語の授業を行う場では決してありませんのでご注意ください。また、本セミナーは科研費基盤B「イスラーム圏における簿記史料の通時的・共時的研究」(代表:高松洋一)の研究会との共催となります。

第11回目の今年度は、役所間の通信の役割を担った「書付(tezkire)」と呼ばれる様式を中心に、オスマン朝の財政に関連して、アラビア文字のスィヤーカト(siyakat)書体が用いられた文書をとりあげて講読します。スィヤーカト書体は、オスマン朝では財務関係の文書や帳簿でのみ使用された点を打たない独特な書体で、一見すると速記文字や暗号のようで判読不可能に見えますが、表現や単語がかなり限定されていることもあり、見かけほどには難しくありません。
昨年度はやはり財政に関する帳簿をとりあげましたが、帳簿と異なり、文書の場合はスィヤーカト書体のみで作成されることは非常に稀です。前近代のオスマン朝の文書では複数の文書類型が一枚の料紙に共存しているおかげで、内容に関連してスィヤーカト書体以外の書体で記されたテキストが同一の料紙に必ず存在します。それらを参照しつつ解読することで、スィヤーカト書体部分の理解がいっそう易しくなりますから、過剰に怖れるには及びません。
スィヤーカト書体で書かれたテキストは、ほとんどペルシア語と言ってもよいほど、トルコ語の要素が少ないものですが、参照可能なトルコ語テキストの情報があれば、比較的容易に解釈することが可能です。ただペルシア語の簿記術では、スィヤーク(siy?q、トルコ語divan rakamlar?)と呼ばれる独特の数字が有名ですが、時代が下るとオスマン朝の財政文書ではほとんど使われなくなり、数字はいわゆる元祖「アラビア数字」で書かれます。今回の講読でもスィヤークをとりあげることはしませんが、オスマン朝財政文書では数字でなく文字表記が独自の発達を遂げた点で、比較の上でも興味深いのではないかと思われます。
講読では、18世紀以降の判読の易しい実例からだんだん慣れていけるように教材を工夫したいと考えています。第1日目は、最初にスィヤーカト書体が現れるオスマン朝の財務関係文書についての解説とスィヤーカト書体について講師が一般的な解説をおこない、つづいて実例を講読します。第2日目も前日に引き続いて、18世紀の文書の実例を講読していきます。

なおセミナーへの参加資格として、例年通り次の1.または2.のいずれかにあてはまることを条件といたします。

  1. 「現代トルコ語の読解力があり、かつアラビア文字に関する知識を有する」
  2. 「ペルシア語あるいはアラビア語の読解力があり、かつ現代トルコ語文法の知識を有する」

参加を希望される方は、お名前、ご所属、連絡先住所・電話番号、メールアドレス、専門分野、セミナー参加可能日程を明記の上(部分参加も可)、下記の申込先まで12月14日(金)までにEメールにてご連絡ください。こちらから、セミナーで用いる資料を郵送いたします。なお参加費は無料です。
また、東京近郊以外に在住の方には旅費の支出も検討しておりますが、予算の都合上、旅費支給を希望される方は、なるべく早くその旨お知らせください。

問合わせ・申込先:
東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所
フィールドサイエンス研究企画センター事務局
e-mail: fsc_office@aa.tufs.ac.jp (@は半角)

プログラム等の詳細は以下の通りです。

基幹研究「中東・イスラーム圏における分極化とその政治・社会・文化的背景」
第11回オスマン文書セミナー

◇主催:
東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所
◇共催:
科研費基盤B「イスラーム圏における簿記史料の通時的・共時的研究」(代表:高松洋一)
◇期間:
2019年1月12日(土)~13日(日)
◇会場:
東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所
3階大会議室 (303号室)  1月12日(土)、13日(日)とも
(〒183-8534 東京都府中市朝日町3-11-1)
http://www.tufs.ac.jp/access/
http://www.aa.tufs.ac.jp/ja/about/access
◇講師
高松洋一(AA研)
◇プログラム
1月12日(土)
14:00-14:15 趣旨説明 講師・自己紹介
14:20-16:00 財政関係の文書とスィヤーカト書体の概説
16:20-18:00 文書の講読1
1月13日(日)
13:00-14:40 文書の講読2
15:00-16:40 文書の講読3
17:00-18:00 総合討論

シンポジウム「「アラブの心臓」に何が起こったのか:現代中東の実像を捉える」のお知らせ

公開シンポジウム「「アラブの心臓」に何が起こったのか:現代中東の実像を捉える」

■日時・会場
・日時:2019年1月12日(土)13:00〜17:00(開場 12:30)
・開場:立命館大学衣笠キャンパス・創思館1Fカンファレンスルーム
(定員140名、登録不要・参加費無料)
http://www.ritsumei.ac.jp/ accessmap/kinugasa/
http://www.ritsumei.ac.jp/ campusmap/kinugasa/
http://www.shd.chiba-u.jp/glblcrss/activities/activities20181130.html#article
■登壇者(敬称略)
報告1「シリア——黙殺される復興」(青山弘之・東京外国語大学)
報告2「エジプト——「安定」は虚像か実像か?」(横田貴之・明治大学)
報告3「シリア——イスラーム過激派の衰退」(髙岡豊・中東調査会)
報告4「イラク——宗派対立の拡大条件」(山尾大・九州大学)
報告5「レバノン——「決めない政治」をやめるフリをすることを「決める」」(末近浩太・立命館大学)
報告6「ヨルダン——ハーシム家レジームの清算と継承」(吉川卓郎・立命館アジア太平洋大学)
報告7「イスラエル——法の精神として現前するナショナル・アイデンティティ」(濱中新吾・龍谷大学)
総合討論 報告者、討論者(岩坂将充・同志社大学)(今井宏平・アジア経済研究所)
■趣旨
イスラーム国(IS)の猛威が去った今も、「アラブの心臓」と呼ばれる諸国を中心に、中東では政治的な混乱が続いています。本シンポジウムでは、青山弘之編『「アラブの心臓」に何が起きているのか:現代中東の実像』(岩波書店, 2014年)の執筆者たちが、刊行後のフォローアップとして、最新の研究成果を踏まえながら、今の中東の実像と将来の展望を語ります。
■主催(共催)
科学研究費補助金・新学術領域研究(研究領域提案型)「グローバル関係学」計画研究B02
「越境的非国家ネットワーク:国家破綻と紛争」(研究代表者:末近浩太)
科学研究費補助金・基盤研究(A)
「東アラブ地域の非公的政治主体による国家機能の補完・簒奪に関する研究」(研究代表者:青山弘之)
科学研究費補助金・基盤研究(B)(海外学術調査)
「現代中東におけるイスラーム主義運動の動向と政治的帰結に関する比較理論研究」(研究代表者:末近浩太)
立命館大学国際地域研究所プロジェクト
「中東地域研究の新たなパラダイム構築に向けて:宗教と政治の絡み合いを再考する」(研究代表者:末近浩太)
龍谷大学社会科学研究所 共同研究プロジェクト
「中東諸国民の国際秩序観」(研究代表者:濱中新吾)
■本シンポジウムに関するお問い合わせ先
17v00017 [at] gst.ritsumei.ac.jp(担当・二宮(末近研究室))